金相場が大幅安、7か月半ぶり安値

印刷

   東京商品取引所は2015年7月21日、金先物相場が大幅に続落。取引の中心である2016年6月物は前週末(17日)の清算値と比べて170円安い1グラム4385円ではじまった。同取引所は開始直後に取引を一時中断するサーキットブレーカー(CB)を発動した。ニューヨーク商品取引所(COMEX)で20日、金先物相場が一時、約5年5か月ぶりの安値をつけたことから、東京市場でも売りが先行している。

   ニューヨークの金先物取引の中心である8月物は20日、前週末(17日)比25.1ドル安の1トロイオンス1106.8ドルで取引を終えた。米国では年内の利上げ観測が根強く、保有していても利息収入を生まない金を売って、通貨のドルを買う動きが加速していることが背景にある。

   円建ての東京市場の金相場にとっては、円安ドル高は相場を支える要因になるが、いまのところはニューヨーク金先物相場の「下げ」につられて売りが増えている。16年6月物は12時20時点で4405円で推移している。

   また、田中貴金属工業によると7月21日の金現物の小売価格(税込み)は4807円で、前週末比166円安だった。約1か月前(6月19日)から362円(7.0%減)下落した。

   なお金相場の急落で、同じ貴金属のプラチナにも売りが及んでいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中