松嶋尚美の「牛乳有害」発言に批判相次ぐ 専門家も「科学的根拠に基づかない」とばっさり

印刷

   タレントの松嶋尚美さんがテレビ番組の中で「牛乳有害説」を披露し、ネット上で波紋を広げている。

   松嶋さんの持論は、人づてに聞いた科学的根拠の薄いもので、番組内で専門家にあっさり否定されてしまった。それだけに、ネット上では「なぜ調べもせずに信用してしまうのか」と呆れる声も多い。「牛乳有害説」はこれまでも度々流されてきた歴史があり、そのたびに議論になっている。

  • 松嶋さんの子どもは「コーンフレーク嫌い」に(画像はイメージ)
    松嶋さんの子どもは「コーンフレーク嫌い」に(画像はイメージ)

松嶋さんの子どもだけコーンフレークと「麦茶」を提供

   松嶋さんの発言が飛び出したのは、2015年7月7日放送のバラエティ番組「中居正広のミになる図書館」(テレビ朝日系)でのこと。2歳と3歳になる自身の子どもの育て方を語る際、「(子どもに)牛乳を飲ませていない」と告白、保育所や幼稚園へも牛乳を飲ませないよう申し入れていると明かした。子どもが牛乳を嫌いかどうかには触れておらず、あくまで自分の方針らしい。

   実際、幼稚園も園児の多くが牛乳でコーンフレークを食べる中、松嶋さんの子どもには麦茶を出しているようだ。そのせいもあるのか、「(子どもが)コーンフレーク大嫌いやねん」と語っていた。

   なぜ牛乳を飲ませようとしないのか。その理由について「牛乳を飲むと体内のカルシウムが尿で排出される」「乳製品を多く摂る欧米人が、骨粗鬆症になりやすい」など、人づてに聞いたという「牛乳有害説」を展開した。

   共演者も驚いた松嶋さんの「こだわり」だが、番組に出演した内科医・大竹真一郎さんはそれが科学的根拠に基づかないことを示した。

   牛乳を飲むと体内のカルシウムが排出される、との説を「たくさん摂りすぎたら尿と一緒に出る時もあるが、全部出ることはない」と否定。乳製品を多く摂ると骨粗鬆症になりやすい、との説も「もともと欧米人は骨粗鬆症になりやすく、牛乳が原因ではない」とはねのけた。指摘を受けた松嶋さんはたじろぎ、「(子どもは)小学校で勝手に(牛乳)飲むんじゃない?」と、それまでの態度を一変させたかのように見えた。

   このやり取りをうけ、掲示板サイトなどでは

「調べもしないで信用するな」
「人づてじゃなく、自分で勉強しようや...」

と松嶋さんを批判する声が次々寄せられた。

   ただ、数は少ないながらも

「自分なりに一生懸命な人なんだと思う」

と理解を示す向きもある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中