「接触事故」前田敦子になぜか「天晴」 「『自ら運転』に感心すべき」説が浮上

印刷

   元AKB48の前田敦子さん(24)が自家用車を運転中に起こしてしまった「接触事故」が波紋を広げている。

   幸いケガ人も出ておらず大事には至らなかった。が、前田さんは現在、トヨタ自動車のCMに出演中のため、「トヨタの顔に泥を塗った」とする批判する報道も出た。一方で、人気芸能人の前田さんが「自ら運転」していることを評価する自動車評論家もいる。

  • 前田さんは報道後、すぐに謝罪コメントを発表(2013年2月撮影)
    前田さんは報道後、すぐに謝罪コメントを発表(2013年2月撮影)

高額な契約金は「送迎費」「危機管理費」も込み?

   報道などによると、事故が起きたのは2015年7月19日の17時過ぎ。東京都千代田区の外堀通りを走行していたところ、並走するタクシーと接触した。前田さんの車の左前部と、タクシーの右後部にそれぞれ傷があり、どちらかが車線変更した際に接触したとみられている。

   前田さんは2012年10月に普通免許を取得。事故当日の19日は仕事が休みだったため、1人でドライブをしていたそうだ。ケガ人はなかったが、20日、フジテレビ系の昼の報道番組が第一報を報じると、大きな注目を集めた。

   すると前田さんは同日夕にツイッターを更新し、「この度は、私の運転する自動車の接触事故で、関係する皆様にご迷惑及び、ご心配をおかけしてしまったことを深くお詫び申し上げます。 お騒がせして申し訳ありません」と謝罪した。

   インターネット上には「どっちも怪我なくてよかった」「生きてて良かった!」といった声が広がったが、同時にささやかれたのが、出演CMとの関連だ。

   前田さんは2012年1月から、漫画「ドラえもん」を実写化したトヨタ自動車の企業CMシリーズに「ジャイ子」役として出演している。そのためネット上には「トヨタのCMに出てる間にぜったいやったらあかんやつ」「TOYOTAもイメージ悪くなるね」といった声が上がった。

   芸能評論家の肥留間正明さんは、「前田敦子 世界のトヨタの顔に泥」と題した15年7月22日付の日刊ゲンダイの記事中で、今回の事故を「意識の低さが招いたこと。謝って済む話ではありません」と厳しく非難した。

   肥留間さんは、スポンサーがタレントに数千万円もの契約金を支払うのには、単にCM出演料ということだけでなく、日常の送迎費やそれに関する人件費、危機管理費などが含まれているからだと指摘。そのため所属事務所は、たとえ契約条項に記載されていなくてもタレントに運転をさせないのが「鉄則」だといい、人手不足であってもプライベートであっても言い訳できない、と問題視した。

「自分で運転してるんだなと好感持った」の声も

   今回の事故について前田さんの所属事務所に取材したところ、広報担当者は「(トヨタとの)契約条項については分からない」としたものの、影響については「特にないと思います」とした。

   事務所としては、運転を禁止したり制限したりすることはせず、本人に任せているそうだ。その上で「(前田さんに限らず)所属タレントにはマネージャーらが注意するよう伝えているはずです」と説明した。

   事故を巡っては、前田さんを評価する意見もある。

   自動車評論家の国沢光宏さんは7月21日、車情報サイト内で「元AKBの『前田敦子 接触事故』報道、逆に『自ら運転』に感心すべき!」と題したコラムを公開。前田さんがトヨタ1社提供のテレビ番組の企画内で免許を取得したことに触れながら、

「逆に自分で運転していたというのだから、単に仕事で免許を取らされただけじゃないということです。出来れば事務所など周囲の方々も運転禁止令など出さないで頂けるとありがたい」
「軽微な接触事故くらいで前田さんを使わなくなるようなトヨタじゃありませんから。むしろ運転してる方が嬉しいかと」

などとつづった。

   同様の感想を持った人も少なくなかったようで、インターネット上にも「自分で運転してるんだなと好感持った」「自分で運転してるってすごい」とのコメントがあがっている。また、批判に対しては「怪我人なしの接触事故で鬼の首を取ったように騒ぐほうもどうかと」「反省しているのにそこまで叩かれるもん?」といった反論も出ている。

   CM契約内容に「前田さん本人が自動車運転をしない」などの項目があるのかどうかについて、トヨタの広報部に質問しているが、7月23夕現在、回答は寄せられていない。

   (25日8時追記)トヨタの広報担当者は、CM出演の契約条項で前田さん本人の運転を制限することはしていないと説明。また「悪質な違反があったわけでもなく、すぐに謝罪もされていますので、現時点で今後の出演を変更する予定はございません」とした。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中