東京五輪エンブレム、何かに似てるな... 「くまモンでしょ」「いや、Jリーグだ!」と盛り上がる

印刷

   2020年東京オリンピック・パラリンピックの開催まで、丸5年となった。新国立競技場の建設問題も「白紙撤回」に一応着地し、ようやく大会に向け動き出そうとするなか、東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は15年7月24日、大会のエンブレムを発表した。

   シンプルで斬新なデザインだが、エンブレムを見た人々は、なぜか「既視感」を覚えているらしい。赤と黒のカラーリングから、「くまモン」や「Jリーグ」、果ては「のり弁」まで、いろいろと「ソックリさん」が挙げられている。

  • 東京都庁で行われたエンブレム発表会(写真:田村翔/アフロスポーツ)
    東京都庁で行われたエンブレム発表会(写真:田村翔/アフロスポーツ)

作者は「ニャンまげ」生みの親

   発表されたエンブレムは「TOKYO(東京)」「TEAM(チーム)」「TOMORROW(トゥモロー)」の頭文字である「T」をあしらったもの。パラリンピックは、平等を表す「=(イコール)」を縦に配置している。すべての色が集まる「ダイバーシティ(多様性)」を黒で、「インクルーシブ(包含する)な世界」を大きな円で、「ひとりひとりのハートの鼓動」を赤い丸で表しているという。

   このエンブレムを作ったのは、佐野研二郎さん。大手広告会社の博報堂出身で、日光江戸村(栃木県日光市)の「ニャンまげ」、TBSテレビの「BooBo(ブーブ)」、au(KDDI)の「LISMO」などを手掛けたアートディレクターだ。

   国内外から104作品の応募があり、「デザインとしての美しさ、新しさ、そして強さ。そこから生まれる展開力。」を審査基準にして選ばれた。なお今回の発表により、以前から使われていた桜模様の「招致ロゴ」は役目を終えた。

1964年東京大会のエンブレムを意識

   大会エンブレムは、少ない色数で、落ち着いたデザイン。招致ロゴのようなカラフルさを予想していると、少し拍子抜けするかもしれない。実際、ツイッターでは「桜の方が良かった」といった批判が出ているほか、共同通信などは漫画家やくみつるさん(56)の「暗い。厳かではない」との辛辣なコメントを伝えている。

   報道によると、佐野さんは「1964年東京大会のエンブレムが好きなので、それを継承しながら新しいものを作りたかった」という。1964年大会のエンブレムも、赤の「日の丸」と、金色の「五輪」のみのシンプルなスタイルだった。

   その一方で、このデザインを見て、ちょっとした連想ゲームが起こっている。大会エンブレムに「既視感」を覚えている人が多いのだ。ツイッターを見てみると、サッカー「Jリーグ」のロゴマーク、熊本県のご当地キャラ「くまモン」、白米とノリ・梅干しの「のり弁」、カードゲームの「UNO(ウノ)」――。配色は違うが、「Tポイント」のロゴに似ているとの声もある。

   あれこれと声は出ているが、まだ発表から1日たらず。これから5年間、目が慣れていくにつれて、なににも例えられないオンリーワンのデザインになっていく――かもしれない。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中