人気ゲーム「刀剣乱舞」スタッフが「大東亜共栄圏」発言 一部ユーザーの間で物議、製作会社が謝罪

印刷

   人気ゲーム「刀剣乱舞(とうけんらんぶ)」の監修や脚本を務めたスタッフが、作品について「みんなに自由に想像してもらったほうが刀剣乱舞という大東亜共栄圏は繁栄する」などと発言し、一部ユーザーの間で物議をかもしている。

   「侵略戦争に例えるのか」などと反発があり、海外ファンの間にも広がっている。

  • イケメンキャラが登場し女性人気が高い
    イケメンキャラが登場し女性人気が高い

「刀剣乱舞という大東亜共栄圏」

   「刀剣乱舞」は名刀を擬人化したイケメンキャラクターが敵を倒していくオンラインゲーム。「とうらぶ」の愛称で女性を中心に人気があり、海外のファンも多い。作家でゲームデザイナーの芝村裕吏さんが監修、脚本を務めた。

   芝村さんは2015年5月30日、コンテンツ文化史学会に出席し、同学会の会長やタレントらと対談した。その様子は動画サイトで生中継され、視聴者が書き起こしたツイートによると、

「みんなに自由に想像してもらったほうが刀剣乱舞という大東亜共栄圏は繁栄するし、妄想からクリエイターが生まれる」

という趣旨の発言をしたようだ。

   この場では大きな反響なかったようだが、しばらくしてツイッターなどで「日本の侵略戦争に例える必要があったのか」と波紋を広げた。発言は海外ファンの間でも取りざたされたようだ。

   一部ユーザーが謝罪しないのか、とツイッター上で問い詰めると、芝村さんは「謝罪は不要かと」と返答。

「文脈を意図的に外して私の発言の単語だけを引っ張って別の定義をかぶせてご意見されるのとか、周辺諸国の歴史を直視しろという助言を無視して単語禁止からの思考停止はまあ、敵性語禁止してた軍国主義まんまを演じ、正当化している方には何言っても無理です」

と応じた。

芝村さん説明も一部ユーザー納得せず

   その後もユーザーから説明を求めるメッセージが寄せられ、芝村さんは7月30日、20回以上にわたって「大東亜共栄圏」について持説を述べたが、反発は収まらない。

   同日、製作会社のニトロプラスは公式サイトで、ユーザーから多くの問い合わせがあったとし、

「ゲームはなんらかの思想信条を反映するものではなく、制作過程においても、その意図は存在いたしません」

と声明を掲載。芝村さんの考えが刀剣乱舞と直接関連するかのような発言があったことについて

「ゲームそのものを誤認させるような発言が、制作関係者から行われた事については、弊社の管理不足であったと反省しております」

と謝罪した。さらに芝村氏には「機密保持の観点からも問題になりうる可能性が高いと判断した」とし、同作に関する発言を控えてもらうよう要請したという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中