道端ジェシカ、ジェンソン・バトン夫妻、南仏で強盗被害 催眠ガス使用か

印刷

   ファッションモデルの道端ジェシカさん(30)とF1ドライバーで夫のジェンソン・バトンさん(35)がフランスで昏睡強盗にあったことが分かった。催眠ガスを使った犯行の可能性があり、婚約指輪など貴重品5900万円相当が盗まれた。ジェシカさんらにけがはなかった。

   2人は南フランスで休暇を過ごしており、サントロぺの貸別荘で2015年8月3日の夜から翌日にかけて被害にあった。事件当時、道端夫妻は友人らと室内で寝ており、被害に気付いたのは4日の朝だったという。バトンさんがジェシカさんに贈った婚約指輪などが無くなっていた。

   地元の警察は犯人がエアコンの排気口を通じて催眠ガスを送り、ジェシカさんらを眠らせてから犯行に及んだ可能性が高いとみて調べを進めている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中