尾木ママ「佐野研二郎氏に200億」発言で謝罪 専門外への「口出し」過去にも摩擦

印刷

   「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹さん(68)が2015年8月22日未明、東京五輪・パラリンピックのエンブレムをめぐる自らのブログでの発言について陳謝した。ブログでは、「デザイナーにはいるお金 200億!と言われ」と、デザイナーの佐野研二郎氏(43)が200億円を受け取るかのような事実と異なる内容を書き込み、それをもとに「ふざけてる」といった佐野氏への批判が加速していた。

   尾木さんの本来の肩書きは「教育評論家」だが、専門外の事柄について意見表明することも多く、今回の事態はそれが裏目に出たとも言えそうだ。尾木さんは「今後は未知の世界の問題はもっともっと慎重に学んでから」情報発信するとしており、今回の事態を「大反省」している。

  • 尾木さんはブログの書き込みに「大反省」
    尾木さんはブログの書き込みに「大反省」

実際に佐野氏が受け取るのは賞金の100万円だけ

 

   尾木さんは8月18日朝、ブログで、

「東京オリンピックのエンブレム デザイナーにはいるお金 200億!と言われ 私たちもエンブレム入りのグッズ買えば 料金の中には デザイン使用料が入っているのではないのでしょうか!?」

と書き込んだ。盗用が疑われているデザインの対価としてデザイナーが巨額の収入を得ることに疑問を呈した形だが、実際に佐野氏が受け取るのは賞金の100万円だけ。そのため、尾木さんが「デマを拡散した」といった批判が出ていた。

   尾木さんは、五輪グッズの売り上げが4000~5000億円あり、そのうちライセンス料が200億円に及ぶといった解説がテレビ番組で出ていたことを

「これがデザイナーに入るものと受け止め 賞金だけと思っていた私はびっくり これはひどい とブログ記事にしたものです...」

と説明。

「デザイン世界のこと あまりにも不思議に思え 疑心暗鬼になりすぎていました... 誠に申し訳ございませんでした...」

と反省の弁を述べた。

 

   その上で、今後の情報発信については

「未知の世界の問題は もっともっと慎重に学んでから しっかり事実理解してから 自分の見解 発信しようと思います...」

と誓った。

自民議員離党問題、マイナンバー、高校野球にも持論

 

   確かに尾木さんは「未知の世界」だとみられる事柄に対しても持論を展開することが多い。

   最近でも、例えば8月20日には、武藤貴也衆院議員(36)が金銭トラブル報道を受けて自民党を離党したことについて

「その前に自分の口から事実明らかにする方が先でしょう それから議員辞職じゃ!?ないのかな?」

と、離党では不十分だとした。8月20日には、日本年金機構に対するサイバー攻撃をめぐる報告書が公表され、機構がサイバー攻撃に対して無防備だったことが改めて明らかになった。これを受け、尾木さんは8月21日のブログで

「どんなに便利 どんなに規則しっかりできてると言っても 働き手の意識ダメ ルール守らない 力のなさでは 情報漏れる危険は大きいですね  個人情報が 1枚のマイナンバーカードに 収められてしまうなんて 尾木ママ 絶対絶対 嫌ですね」
 

   こういった発言のスタイルは摩擦を生むこともある。15年3月には、川崎市での中学生殺害事件をめぐり、尾木さんは市教委や逮捕された18歳少年の父親の対応をブログで次々に非難。「一体何に対して怒っているのか」といった指摘も出た。

   14年9月には、全国高等学校軟式野球選手権大会準決勝の「延長50回」試合を「残酷なショー」と表現。お笑い芸人のたむらけんじさん(42)が、ツイッターで

「本人達がゆうのはわかるけど、外野は黙っとけよ!」(原文ママ)

と発言するなど、疑問の声もあがった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中