村山元首相、中国で体調崩して入院 軍事パレード観覧できず

印刷

   中国政府による「抗日戦争勝利70周年」の記念行事に出席するため中国を訪問している村山富市元首相(91)が体調を崩して入院した。2015年9月3日、複数の中国メディアが中国人民対外友好協会の話として伝えた。この影響で、村山氏は同日行われた軍事パレードの観覧を見合わせた。友好協会の李小林会長は3日午前、入院先の病院を見舞い、中国指導部が村山氏の回復を祈っている旨のメッセージを伝えた。

   村山氏は日本政府とは無関係の立場で訪中している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中