話題の新型スマホ ソフトバンクへの「のりかえ」が「お得」かも・・・

印刷

   いま、話題の新スマホへの「のりかえ」がチャンスだ。新たな機能を搭載した新スマホを手に入れられるだけでなく、さまざまなキャンペーンが展開されるからだ。

   そうした中で、ソフトバンクが従来から提供している料金プラン「ホワイトプラン」への「のりかえ」に注目したい。

  • のりかえ割で機種変更のチャンス
    のりかえ割で機種変更のチャンス

今だけのキャンペーンで「お得」が増す

   ソフトバンクは、新たなキャンペーンとして「スマート値引き 増額キャンペーン(スマ放題)」と「のりかえ割」を実施する。

   このキャンペーンは2015年9月25日から11月30日までの期間中に、「スマート値引き」に申し込み、新スマホを購入したユーザーが対象。新規契約またはMNP(データ定額パック・標準以上)の場合の割引額を、これまでの月額1522円を増額して、最大毎月2522円を2年間にわたり割り引く。機種変更の場合には1522円が1年間2000円(2年目は1522円)に増額割引される。

   「のりかえ割」は、MNPで新スマホを購入する人を対象に、最大毎月1836円を1年間、月額の利用料金から割り引くサービスだ。

   ソフトバンクはさらに9月25日から、「機種変更下取りプログラム」と「のりかえ下取りプログラム」も見直した。「機種変更下取りプログラム」と「のりかえ下取りプログラム」の対象に新スマホを加えるほか、下取り額を変更。機種変更下取りプログラムでは、新スマホの場合は3万5640円(1485円×24回)の割引か、同額分のTポイントを付与する特典を受けられる。

   のりかえ下取りプログラムでは、他社の端末の下取りで最大2万7000円を割り引く。こうした下取りサービスで、結果的に新スマホに機種変更するユーザーの、端末代金の実質負担額をゼロ円からにする。

   機種変更でスマホのアクセサリーを同時に割賦で買う場合、ソフトバンクオンラインショップで申し込み、店頭での受け取りを選ぶと、500ポイント分のTポイントがもらえる特典があったり、新スマホを1年後に実質無料で機種変更できる「1年で機種変更キャンペーン」を9月25日から2016年3月31日まで受け付けたりする。

   こうした施策も見逃せない。

※加入するプランによって各キャンペーンの割引額、割引期間が異なる。 詳しくはWEB(http://www.softbank.jp/mobile/)を確認してください。

   <企画編集:J-CASTニュース編集部>

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中