和田アキ子またも川島なお美を完全スルー お悔やみもなし「不仲説」は本当なのか

印刷

   和田アキ子さん(65)が2015年9月24日に胆管がんで亡くなった川島なお美さんに対してお悔やみの言葉がなかったことで、二人の不仲説がネット上でヒートアップし、和田さんについては「大人げない」といった批判が出ている。

   15年10月4日放送のTBS系情報バラエティー「アッコにおまかせ!」で何かを語るのか注目されていたが、和田さんは完全スルーした。

  • 和田アキ子さんは「アッコにおまかせ!」で、亡くなった川島なお美さんについて触れなかった
    和田アキ子さんは「アッコにおまかせ!」で、亡くなった川島なお美さんについて触れなかった

「川島なお美さん盛大な拍手で最後の別れ」が2位

   問題となったのは15年9月27日放送の「アッコにおまかせ!」。川島さんの訃報のニュースが「10代~60代男女200人に聞いた今週のニュースランキング」で1位になったものの、特集を組まないばかりか、和田さんからお悔やみの言葉一つ出なかったからだ。

   ネットでは、

「どんなに嫌いでも結婚したら『おめでとうございます』、亡くなったら『お悔やみ申し上げます』って言うのは当たり前だぞ?」

などといった批判が出て、とどれだけ2人は不仲だったのだろうか、などと騒ぎになった。

   ネット上で話題がヒートアップしていただけに、10月4日放送の「アッコにおまかせ!」では何かを語るのではないか、と注目されたが結局は完全スルーとなった。この日の「今週のニュースランキング」では、川島さんの通夜に関する「川島なお美さん盛大な拍手で最後の別れ」がベストテンの2位で、和田さんはニュース映像を神妙な面持ちでじっと見つめていたが、番組中に川島さんに関しては一言も口を開かなかった。

   和田さんと川島さんが本当に不仲だったのかはわからないが、和田さんは超が付くほどの犬嫌いとして有名で、愛犬家の川島さんとは相性が悪かったのではないか、とも言われている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中