俳優の熊倉一雄さん死去 「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌歌う

印刷

   テレビアニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌などで親しまれる俳優・演出家の熊倉一雄さんが2015年10月12日、直腸がんのため東京都内の病院で死去した。88歳だった。

   葬儀は近親者のみで行い、12月1日に恵比寿・エコー劇場でお別れ会を開く。喪主は妻の正子さん。

   東京都出身。学生時代に演劇を始め、1956年に劇団「テアトル・エコー」に入団した。放送作家だった故・井上ひさしさんを芝居の世界に誘い、「日本人のへそ」「11ぴきのネコ」などを演出し、自身でも出演した。

   また、映画やアニメの吹き替えでは草分け的存在で、テレビ番組「ヒッチコック劇場」のヒッチコックや、NHK人形劇「ひょっこりひょうたん島」の海賊トラヒゲ、「名探偵ポワロ」のポワロなどの声優としても活躍。また、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌でも知られ、幅広い世代から親しまれた。91年に紫綬褒章、98年には勲四等旭日小綬章を受章した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中