「弁護士に肉体関係を強要された」とウソ 局部切断事件、ボクサーの妻に批判相次ぐ

印刷

   局部切断事件で、元プロボクサーの被告(25)の妻が被害者の男性弁護士(42)に肉体関係を強要されたとウソを言っていたことが裁判上で明らかにされた。ネット上では、妻も悪いのではないかとの批判が相次いでいる。

   交際を巡るトラブルがきっかけと報じられたこの事件が、検察側の冒頭陳述によって、詳細が浮き彫りになった。

  • 強要はなかったと裁判で明かされ…(写真はイメージ)
    強要はなかったと裁判で明かされ…(写真はイメージ)

弁護士からセクハラ被害を受けたと被告に相談

   東京地裁で2015年11月26日にあった第2回公判で、検察側が異例の長さで20代の妻と弁護士との関係を暴いたからだ。前回の公判では、メールのやり取りが「詳しすぎる」と被告側が異議を唱えて冒陳が延期されたほどだが、それだけ犯行の動機を解明するには不可欠ということらしい。

   この裁判の報道によると、妻は、14年5月から弁護士の事務所で秘書として働き始め、12月には、妻子もある弁護士と肉体関係を持つようになった。15年に入ると、関係はエスカレートし、カラオケ店に入っては、妻がセーラー服やブルマを着たコスプレ姿で性行為することもあったという。

   5月には、弁護士がイタリアンレストランで4万円のネックレスをこの妻にプレゼントするまでになった。

   ところが、7月に2人で高尾山に登ってから妻の気持ちが冷め始め、弁護士がマンガ喫茶で誘うと拒否されてしまった。妻が「けじめをつけるため辞職したい」と打ち明けると、弁護士が引き留め、しばらく働くことになった。

   その後、妻は、8月に入って何を思ってか、弁護士からセクハラ被害を受けたと被告に相談した。事件の6日前には、肉体関係を2回持ったと告白し、拒み続けたものの、ネックレスが負い目になって拒み切れなかったとウソまでついた。

   妻は、「強姦とは思っていない」と説明したものの、被告は、激しい怒りを感じて、セクハラで弁護士を追及しようと思い立った。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中