バナナを手に「あぁ~ん、長い~反ってる~」 テレ東「妖怪ウォッチ」の「過激表現」がBPOに通報される

印刷

   人気アニメ「妖怪ウォッチ」(テレビ東京系)に登場した過激な「下ネタ」シーンが放送倫理・番組向上機構(BPO)に問題だとして通報された。

   男性設定のキャラクターが突然艶っぽい言葉を発しながら、「バナナ」を食べるというもの。ネットでも「大丈夫か...」「かなりヤバい」「ただの下ネタ」と物議を醸している。

  • 妖怪ウォッチ、意外に「下ネタ」多かった(画像はカラオケ「JOYSOUND」のプレスリリースより)
    妖怪ウォッチ、意外に「下ネタ」多かった(画像はカラオケ「JOYSOUND」のプレスリリースより)

「ただの下ネタじゃねえか」

   それは、2015年11月20日放送の第96話で飛び出した。人気作品「北斗の拳」のパロディとみられるストーリーで、主人公の妖怪が豚の姿をした敵を「秘孔突き」で倒す場面だ。

   パンチを浴びせた後、

「経絡秘孔の1つ、『反り返る長いものの誘惑』を突いたヅラ!お前はもう、バナナ好きのオネエ系ヅラ!」

と叫ぶと突然、それまで主人公らを脅していた強面の敵がバナナを手に、

「あぁ~ん、長い~反ってる~」

と艶っぽい言葉を発する。その後、クネクネと動きながらバナナの皮をむいて食べ、タレント・IKKOさんのギャグで知られる「どんだけ~」を披露する。

   子ども向けのアニメらしくない大人顔負けの「下ネタ」に、放送中から、

「大丈夫か、妖怪ウォッチ...」
「かなりヤバい」
「ただの下ネタじゃねえか」

との指摘がツイッターで上がった。そして、11月中にBPOへ申告された。BPOの公式サイトによると、視聴者は「子ども向けアニメ番組」と番組名を伏せつつ、

「男性設定のキャラクターが女性化して、意味ありげにバナナを食べるシーンがあった。子どもには意味が分からないかもしれないが、親として非常に不愉快だった」

と前出のシーンを批判した。

尻を突かれて「ワンモア!グリグリ!」と絶叫

   妖怪ウォッチのアニメがBPOに通報されるのは今回が初めてでない。2014年6月にやり玉に挙がったのは、ロボット型の妖怪が敵キャラクターに剣先で尻を突かれ、気持ちよさそうな表情を浮かべながら「カモン!グリグリ!ワンモア!グリグリ!」と絶叫する23話のシーンだ。

   これに、

「臀部を刀で刺されたキャラクターが喜ぶシーンがあった。ギャグ要素が盛り込まれている番組であることは理解しているが、今回のシーンは過激な下ネタであり不快だ。普段は家族一緒に楽しめる番組内容なので、極めて残念だ」

との苦情が入っている。

   「下ネタ」とは違うものの、猫をモチーフにした人気キャラクター・ジバニャンの「チョコレート好き」という設定に対する批判もあった。こちらは2014年11月、「本物の猫にとってチョコレートは毒物である。子どもたちが『猫はチョコレートが好き』という誤った情報を基に、本物の猫にチョコレートを与えてしまうと猫の体調に重大な悪影響を与えることになってしまうので、注意を促すべき」との意見が寄せられている。

   ちなみに、妖怪ウォッチのBPO通報は今回で3回目となるが、今までに審理入りしたものは無い。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中