京都「7億円超」マンションが即日完売! 東京富裕層による空前の「億ションブーム」

印刷

   京都市内で、最高価格7億4900万円の分譲マンションの第1期販売が即日完売した。京都御苑に近い鴨川沿いの好立地。7億円超の住まいは、夏には京都の風物詩「五山の送り火」の一つ、「大文字」を正面から望むことができる東向きの住戸という。

   京都では、「億ション」の販売が史上最多を更新し続けている。

  • 京都に「億ション」続々! 7億円超の物件も即日完売(画像は、三菱地所レジデンスのホームページのスクリーンショット)
    京都に「億ション」続々! 7億円超の物件も即日完売(画像は、三菱地所レジデンスのホームページのスクリーンショット)

3億円台でも5倍の抽選倍率

   三菱地所レジデンスの新築分譲マンション「ザ・パークハウス京都鴨川御所東」(京都市上京区)は、京都御苑東側の鴨川沿いの京都財務事務所跡地に建設する地上5階・地下1階建ての物件で、2017年3月の完成を予定している。

   マンションの発売予定戸数75戸のうち、2015年12月に第1期分の26戸(分譲価格4180万円~7億4900万円)を売り出した。6日に抽選会を実施、購入者が決まった。

   26戸のうち、13戸の分譲価格が1億円超。平均倍率は1.69倍で、抽選倍率は、高かった方から3億2900万円(3LDK)の5倍、3億7900万円(3LDK)の4倍だった。

   西日本で最高価格となる7億4900万円の住戸は、広さ約287平方メートルで3LDKの間取り。申し込みは1件だけで即売。1坪あたりの平均単価は400万円にのぼる。

   今回の購入者の割合は、東京在住の人が3割と最も多く、京都府内に住む人は2割だった。年齢別では50代が4割、40代が2割、30代も1割いた。日本人と外国人の内訳は公表していない。企業の経営者や医者、弁護士といった富裕層が多かったようだ。

   三菱地所レジデンスは、「鴨川に面した希少な立地や、『日本建築のエッセンス×京の美意識』をコンセプトにした建物のデザイン、24時間有人管理などが顧客に評価された」とみている。

   東京在住の富裕者層が、京都観光用の「セカンドハウス」としての利用するケースが多いようだ。

   そうしたなか、インターネットには、

「7億円の別荘かね・・・ 海外からのゲスト用に法人が買ってるのかな?」
「京都はたまに観光で訪れるにはいいんだけど、住むのはどうなの? 夏は暑くて冬は寒いイメージしかない」
「京都市内の土地は高い。高さ制限があるからふつうのマンションでも5000万円ぐらいする」
「ウソやろ。東京人は六本木ヒルズが好きなんじゃないの」
「京都に住んでる人は買えない」

といった声が寄せられている。

高さ制限による「希少性」と「ブランド力」が魅力

   じつは、京都市内で高級マンションの人気は底堅く、「億ション」の発売も相次いでいる。

   野村不動産が2015年12月5日から申し込みを受け付けている烏丸御池近くの「プラウド京都東洞院」は、最高価格2億3000万円(1戸)を含めた20戸弱が「億ション」。同社は「かなりの申し込みがあります」と話している。12日に受け付けを締め切り、抽選で購入者を決める手続きに入る。

   不動産経済研究所によると、京都市内の「億ション」の発売戸数は、2012年はわずかに1戸。それが13年には18戸、14年は30戸と大きく伸び、集計をはじめた1996年以降で最多となった。15年は10月末までに28戸にのぼっている。過去最多は間違いない状況だ。

   京都市内で高級マンションが好調な背景には、景観条例の高さ制限を背景とした希少価値や京都のブランド力の高さがある。「京都の碁盤の目の中は特殊なエリアです。好調な株価を背景に、富裕者層を中心とした人気はしばらく続くでしょう」と、不動産経済研究所の松田忠司主任研究員は景気回復の流れもあるとみている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中