「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「敏感なところはシゲキしちゃダメ」 駿台のセンター向け漢字問題集はまるで「官能小説」

印刷

   「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「左手を軽くソえてね」――何も官能小説の一部分でなく、れっきとした大学受験生向けの「漢字問題集」に収められた文章だ。大手予備校「駿台予備学校」(駿台)傘下の出版社「駿台文庫」(東京都千代田区)から刊行されたものだが、下品な例文が多すぎるとの批判が数多く寄せられた。

   駿台側は、例文の表現について「変化の激しい現代にあって、より新しい言葉づかいにしようとした」と話している。

  • 「より生徒に覚えやすい表現にした」と言うものの…(写真は同書収録の例文)
    「より生徒に覚えやすい表現にした」と言うものの…(写真は同書収録の例文)
  • 「過激」な表現が並ぶ(写真は同書収録の例文)
    「過激」な表現が並ぶ(写真は同書収録の例文)

「『息をのんで』女子の着替えを見つめる」

   今回問題視されたのは、2015年2月に発売された「生きる センター漢字・小説語彙」だ。センター試験水準の漢字、語彙にまつわる設問をおよそ700題収録し、1つ1つに丁寧な解説が付けられている。

   著者は、問題集以外の著作もある駿台の名物講師、霜栄(しも・さかえ)さん。同書のあとがきに「基本を深く、難問を楽しく。ぼくの話に笑ってくれる人の心づかいに超感謝」と書いている。

   そんな問題集の中に「下品な」例文が収められていると話題になったのは16年1月11日頃だ。あるフェイスブックユーザーが写真とともに報告し、複数のまとめサイトも取り上げて急速に拡散。同日中にはツイッターでも共有され始めた。

   同書を見てみると確かに、まるで官能小説から抜粋したかのような「過激」な例文が多い。漢字の書き取り問題では「彼女のなだらかなキュウリョウをうっとりと眺めた」「ゆっくり奥までソウニュウしてください」「左手を軽くソえてね」「彼女がリズミカルにシめ付けてきた」「敏感なところは強くシゲキしちゃダメよ」「胸のデカさに俺はキョソを失った」と性的な事柄を連想させる表現が並ぶ。

   語彙の意味を答える問題では、「『息をのんで』女子の着替えを見つめる」「彼はあやしげなDVDが本棚にあるのを『目ざとく』見つけた」といった例文も見られる。

改訂版発行時に一部表現を修正することも検討

   また、これ以外にも「男はいつもゲンワクされたがっているのよ」「夫婦間の家事ブンタンなんて幻想だ」「男の収入をドガイシできる女なんているのか?」と特定の価値観に偏ったものもあった。

   こうした例文に「シャレにもならない下品さ」「学生さん達が(これで)勉強しているなんてぞっとする」とネットで批判が殺到し、通販サイト「Amazon」の同書販売ページには、星1つの低評価レビューが相次いで投稿される事態となっている。

   「過激」とも言える例文を収録した意図は何だったのか。駿台予備校や駿台文庫を運営する学校法人駿河台学園の広報部はJ-CASTニュースの取材に対し、例文を考えたのは著者の霜さん自身だと明かし、「変化の激しい現代を生きていくため、より新しい言葉づかい、より生徒さんに覚えやすい表現にしようとしたためです」と語る。

   駿台予備校生からの苦情は寄せられていないか、との質問には「それは把握していません。彼らは今週末のセンター(試験)に向けて今必死に勉強しておりますので...」と答えた。

   ただ、「不愉快に感じられた読者の方には謝罪したい」とし、「改訂版発行時に一部表現を修正することも協議しています」と明かした。なお、刊行前の編集会議には女性スタッフも参加していたという。

   いわゆる「下ネタ」を取り入れた問題集は、これだけでない。東進ハイスクールの人気講師が執筆し、語呂合わせで古文単語を覚えられると評判の単語帳「古文単語ゴロゴ」には「初Hで死ぬ」(はつ=死ぬ)「あそこばっか吸ってなさる」(あそばす=なさる)といった例文が登場する。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中