拉致被害者、北に帰さない判断は誰がしたのか 安倍首相と蓮池透氏、ウソつきはどっちだ

印刷

   北朝鮮による日本人の拉致問題をめぐり、安倍晋三首相が2016年1月12日の衆院予算委員会で民主党の緒方林太郎議員の質問に色をなして反論する一幕があった。委員会後も安倍首相の怒りは収まらなかったようで、「『残念だ』『呆れた』との声」がフェイスブックのコメント欄に相次いだことを書き込んだ。

   ただ、緒方氏が質問の唯一の「ネタ元」にした書籍を執筆した拉致被害者の蓮池薫氏の兄、蓮池透氏はツイッターで反論し、ソーシャルメディア上で「延長戦」「空中戦」が行われている。

  • 安倍首相は、委員会での質問に「『残念だ』『呆れた』との声」が相次いだことをフェイスブックで紹介した
    安倍首相は、委員会での質問に「『残念だ』『呆れた』との声」が相次いだことをフェイスブックで紹介した

「そういう質問をすること自体が、この問題を政治利用しているとしか思えない」

   予算委員会では、緒方氏が透氏の著書「拉致被害者たちを見殺しにした安倍晋三と冷血な面々」(講談社)から、

「今まで拉致問題は、これでもかというほど政治的に利用されてきた。その典型例は、実は安倍首相によるものだ」

と読み上げ、安倍氏の認識をただした。安倍氏は、

「その本は私はまだ読んでいないが、いちいちコメントするつもりはない。家族会の中からも、実はその本に対して強い批判があることもご紹介させていただきたい。大切なことは、北朝鮮に対して一致結束して、今、我々も一生懸命やってるんですから、すべての拉致被害者を奪還するために全力を尽くしていくことではないか」

と反論したが、緒方氏は「安倍首相は拉致を使ってのし上がった男なのか」と繰り返した。安倍氏は若干いらだった様子で、

「もう、そういう議論をする気すら起こらない。そういう質問をすること自体が、この問題を政治利用しているとしか思えない」

とあきれたが、緒方氏は本の記述を根拠に質問を続けた。

   緒方氏が次に論点にしたのは、薫氏ら拉致被害者5人が02年に「一時帰国」した際、5人を北朝鮮に帰さない判断を誰がしたのかという点だ。一般的には、当時官房副長官だった安倍氏による判断だったと考えられているが、透氏は著書で日本政府が「弟(編注:薫氏)たちの『北朝鮮には戻らない、日本にとどまる』という強い意志が覆らないと知って、しぶしぶ方針を転換」したと主張。安倍氏は透氏の主張を真っ向から否定した。

「そこ(関係者が集まった官房副長官室)で最終的に、私は『返さない』という判断をした。透さんはそこには関わっていないが、これは拉致被害者ご本人に聞いていただければ分かること。私は誰がウソをついているとは言いたくないが、私が申し上げていることが真実。他の方々に聞いていただきたいと思いますよ?今、1人の本だけを使って...。この本に対してすごく怒っている人だっているんですよ、実際に、家族会の中に!」

「私の言っていることが違っていたら、国会議員を辞めますよ!」

   さらに、こういった議論は北朝鮮側の「国論を2分しようという策謀」だとして、緒方氏を「あなたがこういう質問をすること自体が本当に残念」と非難した。

   それでも緒方氏は、

「蓮池透さんはウソを言っているということでいいのか」

と念を押すと、安倍氏は、

「私が申し上げていることが真実だということは、バッジをかけて申し上げる。私の言っていることが違っていたら、私は辞めますよ、国会議員を辞めますよ!それははっきりと申し上げておきたい」

とまで述べた。

   1月12日夜には、安倍氏はフェイスブックで「延長戦」を展開した。緒方氏が質問する写真つきで、質問について「『残念だ』『呆れた』との声が私のFBにも多数届けられました」と振り返り、

「北朝鮮は常に日本の国論の分裂を計って来ました。大切な事は『拉致被害者を帰せ』と声を一つにする事です。家族会の皆さんの思いも同じでしょう」

と改めて主張した。この書き込みには、福岡市の高島宗一郎市長ら1万9000人近くが「いいね!」を押した。

   緒方氏の「ネタ元」の透氏はツイッターで反論した。委員会のやり取りを報じる産経新聞の記事へのリンクを貼りながら、「私は決して嘘は書いていません」と主張。安倍氏が緒方氏を非難したことを伝えている記事についても、

「どっちもどっち。もっと建設的な議論をすべき!」

と書き込んだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中