ベッキー、ゲス川谷とのLINE「再流出」の衝撃度 会見発言ぶち壊しで「芸能人生終了」?

印刷

   「ベッキー終わったな」「ドン引き」――そんな声がネット上にこだましている。人気4人組バンド「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(えのん=27)さんとの不倫報道に揺れるタレント・ベッキーさん(31)が、謝罪会見の直前に川谷さんと交わしたとされるLINEトークが「週刊文春」によって再び公開された。

   ベッキーさんが「友達で押し通す予定!笑」と打ち明けると、「逆に堂々と(交際)できるキッカケになるかも」と川谷さん。さらに、「ありがとう文春!」とお互いにふざけ合う。

   取材を受けても反省の色を微塵も感じさせない2人の態度に、ネットユーザーは怒りを通り越して、あきれ果てている。

  • 「ありがとう文春!」の意味は…(2009年2月撮影)
    「ありがとう文春!」の意味は…(2009年2月撮影)

「友達で押し通す予定!笑」「ありがとう文春!」

   不倫交際が報じられてからおよそ2週間。この間、双方が騒動について謝罪した。ベッキーさんは2016年1月7日の謝罪会見で、多くの報道陣がカメラを向ける中、深刻な表情で「あくまで友人」と強調。川谷さんも15日に放送された音楽番組「ミュージックステーション」(テレビ朝日系)で深々とお辞儀し、東京・代々木公園で実施された17日のフリーライブで謝罪した。

   しかし、21日発売の「文春」には、そんな2人の謝罪を一気に打ち消してしまいかねない生々しいLINEトークが掲載された。それは、ベッキーさんが謝罪会見を開く2日前のことだ。

   「逆に堂々と(交際)できるキッカケになるかも」と語りかける川谷さんに、ベッキーさんは「そうとしか思えない」と同調。さらに、「オフィシャルになるだけ」「不倫じゃありません!」「略奪でもありません!」と開き直ったかのような素振りすら見せているのだ。川谷さんもこうした投稿に「うん!」と同意、2人は「ありがとう文春!」と余裕を見せている。

   この日までに2人は文春記者の直撃取材を受けており、交際が報じられることを知っていたはず。それにも関わらず、依然LINEでのやり取りを続け、このまま離婚へ持ち込もうとする魂胆をチラつかせた。

   また、同誌の報道によると、ベッキーさんは会見当日も「いっぱい電話しよう」「楽しい春と夏になるよ」と川谷さんにメッセージを送ったという。

「すべてウソだったのか」「ここまで大バカ野郎だったとは」

   「友人」という発言は、謝罪の気持ちは、会見やライブで見せた深刻な表情は、すべてウソだったのか――。報道を見たネットユーザーの怒りは大きかったようで、ツイッターに

「同情の余地もない」
「ベッキーは終わった」
「ここまで二人して大バカ野郎だったとは」
「ほんと頭悪くてドン引き」

との批判が飛び交っている。情報番組「とくダネ!」の司会、小倉智昭さんも1月21日放送の同番組内で「バカじゃないの。なんでこんな不用意なやり取りするの?」と呆れ返った。

   もっとも、あまりの踏み込んだ内容に、このLINEトークは本物なのか、と疑う向きもある。ただ、芸能リポーターの井上公造さんは21日、トークアプリ「755」上で「取材で裏付けをとった」と報告し、「本物です!」と断言した。

   また、トークの内容や画面が漏れた経緯も不明だが、芸能リポーターの菊池真由子さんは同アプリ上で、「LINEの運営サイドがリークなんて絶対にない」とし、2人をめぐる文春の報道は「まだまだ終わらない」と予測している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中