成田空港HPにアクセス障害 「アノニマス」が犯行声明

印刷

   成田空港の公式ホームページが、2016年1月23日18時30分頃から断続的にアクセスしづらい状態になっている。短時間に大量のデータを送るサイバー攻撃が原因と見られており、報道によると、成田国際空港株式会社(NAA)は、国際ハッカー集団「アノニマス」を名乗る人物が犯行声明を出したという連絡を警察から受けているという。離発着する航空機の運航に影響は出ていない。

   同HPは、前日22日21時30分頃にもアクセス障害が確認され、一時解消されたものの、再び閲覧しづらくなった。24日14時30分現在もHPには、

「当サイトへのアクセスが一時的に繋がりづらい状況となっております。フライト情報等をご確認される場合は、公式アプリ『NRT_Airport Navi』をご覧下さい。ご迷惑をおかけして申し訳ございません。」

という注意書きが表示されている。

   同HPは15年10月にも同様の状態となり、アノニマスを名乗る人物が犯行声明を出していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中