深海魚「リュウグウノツカイ」 生きたまま捕獲

印刷

   幻の深海魚として知られる「リュウグウノツカイ」が2016年2月8日朝、新潟県佐渡沖の定置網に生きた状態でかかった。

   リュウグウノツカイは薄く細長い銀白色の体と、鮮やかな紅色の背びれや腹びれが特徴。生態についてはほとんど分かっておらず、生きたまま捕獲されるのは非常に珍しい。

   発見された個体は体長3.3メートル、体重14.5キロで、水揚げ後に死亡した。8日午後には新潟市の水族館「マリンピア日本海」が引き取り、9日から標本展示を開始。水族館の公式サイトでは「鮮度の状態をみながら2~3日だけの公開となる予定」と案内している。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中