元同僚「自分が覚醒剤を渡した」と衝撃告白 清原「黒い事件簿」は底なしの展開

印刷

   元プロ野球選手の清原和博容疑者(48)に「覚醒剤を渡したのは自分だ」と元巨人の同僚で覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われた野村貴仁元投手(47)が、テレビのニュース番組で証言した。清原容疑者が覚醒剤を使用しているのはチームメート全員が知っていたし、受け渡しは球場内でも行われていたのだという。

   巨人と言えば2015年11月に現役3選手が野球賭博に関わっていたとして謝罪会見を開いたばかりだ。今回の「告白」が真実だとすれば、衝撃は大きい。ネットでは「もう巨人は終わり」「解体しろ!」などと巨人批判が相次いでいる。

  • 覚醒剤の受け渡しは球場内でも行われていた?元巨人軍選手の暴露に「もう巨人は終わり」などと批判が集まる。
    覚醒剤の受け渡しは球場内でも行われていた?元巨人軍選手の暴露に「もう巨人は終わり」などと批判が集まる。

野村元投手がテレビで「(自分が)渡していたからや」

   野村元投手は2016年2月9日に日本テレビ系ニュース番組に登場した。清原容疑者が覚醒剤を使用していたことをなぜ知っているのか、と記者から質問されると、

「(自分が)渡していたからや」

と現役時代に覚醒剤を清原容疑者に渡していたことを明かした。清原容疑者の逮捕については、

「僕もびっくりしたけど、まさか、もう止めるだろうと思ったんですけど・・・」

などと語った。16年2月8日にフジテレビ系で放送した情報番組「直撃LIVEグッディ!」では、野村元投手へのインタビューを元に特集を組み、

「清原容疑者が覚醒剤をやっていたのはチームメートもみんな知っている」

などと証言し、球場内でも覚醒剤の受け渡しが行われていた、と報じた。

   清原容疑者と野村元投手が巨人で一緒にプレーしていたのは1998年から2001年まで。野村元投手が薬に手を染めたのは1997年からという。覚せい剤取締法違反(使用)罪に問われ、懲役1年6月、執行猶予3年の有罪判決が言い渡されたのは06年12月26日で、この時も清原容疑者について内偵が開始されたが、証拠が見つからず立件されなかった。

「巨人最低だな 球団解体すべき」の声

   野村元投手の証言はどこまで本当なのか。清原容疑者が覚醒剤をやっていたことをチームメートなら誰でも知っていたのか、球場内でも受け渡しが行われていたのか。J-CASTニュースは読売巨人軍に取材を申し込んでいるが、返答はまだ来ていない。清原容疑者が覚醒剤に手を出したきっかけについては、怪我の痛みを和らげることがきっかけだった、とされているが実際はどうだったのかは分かっていない。週刊文春2016年2月18日号には、

「秋から冬にかけて野球関連のニュースを見ると、切なくて、覚醒剤をやりたくて止まらなくなる」

などと球界関係者に胸の内を吐露していた、という記事が掲載されている。14年秋のことだという。

   巨人と言えば近年、とんでもない事件が連続している。15年11月には現役3選手が野球賭博に関係し、八百長もあったのではないか、などとさえ疑われた。そして今回は麻薬騒動の舞台として取り沙汰されることになり、ネットには怒りの声が充満している。

「もう巨人解散でいいだろ」
「巨人排除しないと日本のプロ野球界が終わるぞ」
「巨人最低だな 球団解体すべき」

などといった批判の声が出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中