狩野二股騒動で「大勝利」した加藤紗里 「炎上タレント」として大注目、爆問・太田「天才かも」

印刷

   「狩野より面白いじゃん」「仕事は完全に増えますよ」――。お笑い芸人の狩野英孝さん(33)の二股騒動で一躍有名となったタレントの加藤紗里さん(25)が、「炎上タレント」としてにわかに注目を集めている。

   2016年2月9日放送の「ロンドンハーツ」(テレビ朝日系)で、狩野さんが「川本真琴さんと別れた後に、加藤さんと交際を始めた」と明かし、騒動は一応の落ち着きを見せた。だが、その後も加藤さんのSNSには批判的なコメントが殺到しており、「炎上」はおさまる気配がない。

  • 「炎上タレント」として芸能界定着なるか(画像は加藤紗里さんのブログのスクリーンショット)
    「炎上タレント」として芸能界定着なるか(画像は加藤紗里さんのブログのスクリーンショット)

SNSには数万件の批判コメントが殺到

   「懐かしい人と、面白くない人と、知らない人の三角関係なんてまったく興味持てない」――。社会学者の古市憲寿氏(31)にこう評された今回の騒動のなかで、ひときわ注目を集めているのが「知らない人」だった加藤さんだ。

   騒動以前は全くといっていいほど無名だった加藤さんは、狩野さんとの交際をインスタグラムで「宣言」してからメディアへの露出が急増。「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)や「白熱ライブ ビビット」(TBS系)など立て続けにテレビ番組に出演し、狩野さんとの関係について赤裸々に暴露していた。

   また、自らのブログやツイッターでも騒動について様々な反応を見せ、マスコミへ「ネタ」を提供し続けた。こうした加藤さんの行動を「売名行為」と捉えた人が多かったようで、SNSには大量の批判コメントが殺到。さらに9日放送の「ロンドンハーツ」で、加藤さんが「多くの嘘」をマスコミや狩野さんについていたことが分かると、批判はさらに加速することになった。

   騒動以降、加藤さんのSNSに寄せられた批判コメントは数万件にも達し、完全に「炎上状態」になっている。その一部を抜粋すると、

「魔女でもないだろバケモンだろ 売名も中途半端、整形も中途半端じゃねーか」
「売名行為でテレビ出たもののキャラが迷走してますね。 何がしたいのかが全くわかりません」
「性悪女を演じているように見える。見てる側としては不快だし面白くないよ」

といったようなものだ。そのほか、不自然なほど整った目鼻立ちに「整形疑惑」の目も向けられているが、本人は完全に否定している。

外資系求人特集

   海外企業の日本法人設立が相次いでいるが、日本の商慣習に理解がありながら、海外とのやり取りもできるバイタリティーを持ったマネージャークラスの人材が不足している。代転職サイト「ビズリーチ」の外資系企業特集によると......続きを読む

PR 2015/3/16

投資

   ここ数年、円相場の変動が大きくなり、外国為替証拠金(FX)取引では為替差益を狙う個人投資家が増えているようだ。いまや日本の個人投資家はすでに......続きを読む

PR 2016/6/1

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中