ガリガリ君ナポリタン味、3億円の大赤字だった アイスとは思えない斬新すぎる味は「マズくて売れなかった」

印刷

   再現度の高いケチャップ味に、ほのかに感じるピーマンの風味――。開発担当者が「スパゲッティ・ナポリタンを忠実に再現できた」と胸を張った、赤城乳業の「ガリガリ君リッチ ナポリタン味」。2014年3月の発売当初には「とてもアイスとは思えない斬新すぎる味」としてネットを中心に大きな話題を集めたが、実際は「取り返しのつかないほどの大赤字」を出していた。

   16年2月13日放送のバラエティー番組「ジョブチューン」(TBS系)で、赤城乳業の社員がその「大コケ」ぶりを赤裸々に語った。ナポリタン味は320万本以上売れ残り、3億円近い大赤字を出したのだという。番組では、売上不振の理由について「(商品が)マズかったから」と説明していたが、本当なのだろうか。

  • 社内でも「マズい」と不評だったのに、なぜ発売したのだろうか…
    社内でも「マズい」と不評だったのに、なぜ発売したのだろうか…

大赤字の本当の理由は「販売予測を間違えた」から

   番組に出演した同社のマーケティング部長によると、ナポリタン味が売れなかった理由は「マズかったから」。最終的に320万本以上が売れ残り、赤字額は3億円近くにまで達したという。また、商品を購入した顧客からも「いい加減にしろ」「マズい」などと問い合わせが殺到したそうだ。

   発売前の会議でも味についての評判は芳しくなかったようで、開発を担当した若手社員も「正直なところ、社内にもおいしいという人間はいなかったですね」と暴露。本人ですら「ナポリタンを再現できた点には自信を持っているが、味はあんまり......」という始末だった。

   では、なぜ「マズい」と分かっている商品を発売したのか。その理由について番組では、12年に発売した「コーンポタージュ味」と13年の「クレアおばさんのシチュー味」、異色のフレーバーが続けてヒットしたことで「(商品開発部に)魔が差した」と説明していた。

   ――しかし、「マズいとわかっていた商品をそのまま販売して、3億円近い赤字を出す」なんて間抜けなことが本当にあり得るのだろうか。

   番組にも出演していた同社マーケティング部長は、J-CASTニュースの取材に対し、「実際のところ、ナポリタン味が赤字を出した原因は、我々が販売予測を大きく間違えてしまったことにあります」と番組では語らなかった真相を明かした。

「コーンポタージュ味やシチュー味といった『変わり種商品』を連続で発売していたため、世間に与えるインパクトが必然的に小さくなってしまった。そういう点を見抜けずに生産してしまったため、相当数の売れ残りが発生し、大きな赤字を出す結果となってしまいました。もちろん、商品がマズかったのも売れ残った理由の1つにあるとは思いますが」
インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中