金魚の死骸30匹、嘔吐物まで娘に食べさせる 「猟奇的虐待」母親報道に「こんな地獄絵図って...」との声続々

印刷

   福岡県久留米市で当時16歳の娘に対し、飼っていた金魚の死骸30匹以上を無理やり食べさせた疑いがあるとして、無職の母親(46)と、自営業の内縁の夫(46)が強要容疑で2016年2月16日に逮捕された。

   娘への虐待で2人が逮捕されるのはこれで5回目。火のついたタバコを舌に押し付けたり、食べ物を無理やり食べさせたり、吐いたものをまた食べさせたりなど、「猟奇的な虐待」は日常的に繰り返されていた。ネット上では「かわいそう過ぎる」「何回地獄の苦しみを味わえばいいのか?」などといった同情が広がっている。

  • 餌の与え方が違うと難癖をつけ娘が世話をしていた30匹以上の金魚の死骸を無理やり食べさせた(写真はイメージ)
    餌の与え方が違うと難癖をつけ娘が世話をしていた30匹以上の金魚の死骸を無理やり食べさせた(写真はイメージ)

母親「しつけの一環」と供述

   福岡県警に話を聞くと、2人は15年6月初旬、娘(当時はアルバイト)に対し多数の金魚の死骸を「全部食べて」と語気鋭く強要し食べさせた。娘に対する虐待は日常的に行われていて、最初は15年9月25日に監禁致傷と傷害の両容疑で逮捕された。その後、同10月29日に強要罪容疑で、同12月3日に暴行罪の容疑で、そして16年1月14日には監禁と暴行の両容疑で逮捕していて、今回の逮捕は5度目になる。

   いったい娘はどのような虐待を受けていたのか。報道によれば自宅のベッドの柵にロープで縛り付け監禁し顔を何度も殴った。娘が冷蔵庫を開けたことで「食べ足りないなら、食べさせてやる」などと腹を立て、アイスクリームなどを無理やり食べさせた。娘が嘔吐するとその嘔吐物も無理やり食べさせた。自宅のリビングで火の付いたたばこを長女の舌に複数回押しつけた。軽乗用車に監禁し車内で顔を数回殴った、などの容疑が浮かんでおり、とんでもない実態が報じられている。

   今回の逮捕は、金魚の世話をしている娘に対し、「餌のやり方がおかしい」などと因縁をつけ、水槽に食器用洗剤を入れて金魚を死なせたうえで、それを食べるように命令した疑い。母親はこうした虐待について「しつけの一環」などと供述しているという。

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

結婚A

   JTB旅行券30万円分や、ランチ招待券が当たる!続きを読む

PR 2016/7/07

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中