「6000万円被害」でも平気の74歳富豪 「窃盗」27歳モデルと出会った意外な場所

印刷

   和歌山県田辺市の会社経営者男性(74)が、自宅から6000万円相当の現金や貴金属類を盗まれた事件が、大きな話題となっている。

   とりわけ、窃盗容疑で逮捕された東京都新宿区に住む自称フリーモデルの女(27)と男性が出会った理由について、多くのネットユーザーが「どうやって」「謎すぎる」と不思議がっている。和歌山と東京、およそ450キロの距離を結んだのは「交際クラブ」だったとの報道も出ている。

  • 「1億円なんて紙切れだから」と語った男性の胸中は…(画像はイメージ)
    「1億円なんて紙切れだから」と語った男性の胸中は…(画像はイメージ)

50歳近い年齢差に「謎すぎる関係」

   和歌山県警田辺署は16年2月22日、男性宅から15年1月に現金600万円と貴金属など29点(約5400万円相当)を盗んだ疑いで女を逮捕した。女は「盗んだつもりはない。男性が『持って行っていい』と言ったので持ち出した」と容疑を否認しているという。

   男性は同日、女を自宅に残して外出していた。しかし、帰宅後すでに自宅はもぬけの殻。翌29日に現金や貴金属がなくなっているのに気付いた。それ以降、女とは連絡がつかない状態だという。

   男性はかなりのお金持ちのようで、テレビ局などの取材に対し、「1億円なんて紙切れだから」「謝っていただければ、別にね」などとも答えている。

   男性が自宅に多額の金品を保管していたことや、フリーモデルという見慣れない肩書きなど様々な点がクローズアップされている今回の事件。とくに、男性と女の50歳近い年齢差からか、2人の出会ったきっかけがネットで注目されている。ツイッターには

「いったいどうやって知り合いになった」
「謎すぎる関係」

といった声が相次いでいる。

   情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)や「白熱ライブ ビビット」(TBS系)によると、2人は東京・銀座にある「交際クラブ」で出会った。男性はそこで女を紹介され、これまで11回自宅へ招いた。女が訪れるたび、航空チケット代や30万円~40万円もの現金を渡していたようだ。

デートクラブの実態とは

   交際クラブは別名「デートクラブ」とも言われ、入会すると、女性会員とデートをしたり、連絡をとりあったりできる。その多くは会員制。紹介料がその都度必要となるため出会い系サイトより費用がかさむ一方、指名すれば「必ず出会える」という強みもある。

   東京都内にも、広尾や南青山、銀座など至るところに店舗がある。それぞれの公式サイトで示されている料金システムを見ると、入会金の相場は5万円、年会費の相場は3万円といったところだろうか。加えて、紹介を受けるごとに3万円から5万円ほどの紹介(セッティング)料が必要となる。

   「デートクラブ」が注目された事件が過去にもあった。交際していた男性らを次々殺害したとして、1審、2審で死刑判決を受けた木嶋佳苗被告(最高裁に上告中)もかつて交際クラブの女性会員だった。19歳の頃に渋谷で交際クラブにスカウト。以後数十人と「愛人契約」を交わしたとされ、「愛人」から得た収入は月150万円に上るとも報じられている。

   今回逮捕された容疑者の女は、「盗んでない。男性が持って行っていいと言った」と話しているという。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中