加藤紗里が「クズ」呼ばわり 田代まさしの何が気にさわったのか

印刷

   お笑い芸人の狩野英孝さんと「破局した、しない」と、ひと騒動となった加藤紗里さんが、意外な人物に噛みついている。元タレントの田代まさしさんだ。

   2人はこのほど、ヒップホップグループ「鎖グループ」とタッグを組んでそれぞれ楽曲を発表したことから、ネットメディアが加藤さんと田代さんの名前を並べて紹介。すると「こんなクズの隣に紗里の名前を並べて欲しく無い」と露骨に不快感を示したのだ。

  • YouTube動画「9SARI HEAD LINE #番外編Vol.3『加藤紗里が9sari スタジオに相談しに来た。』」のスクリーンショット
    YouTube動画「9SARI HEAD LINE #番外編Vol.3『加藤紗里が9sari スタジオに相談しに来た。』」のスクリーンショット

「ガリガリサリ」と「リハビリマーシー」

   加藤さんは2016年2月13日、「ガリガリサリ(feat. RYKEY,漢&D.O)」なる楽曲を発表した。狩野さんとの交際宣言以降、ネット上でさまざまな誹謗中傷や疑惑が寄せられたことを受け、ラップを通じてすべて答えてしまおう、というなんとも大胆な発想の1曲だ。

   「安心してください切ってません」「安心してください縫ってません」と整形疑惑を否定したかと思えば、最後には「炙ってねえよバカヤロー」と薬物使用疑惑に怒ってみせる。ラップでアンサーというユニークな発想は大きな反響を呼んだ。

   それから約3週間後の3月4日、今度は田代さんが同じラッパー陣とコラボし、薬物依存からの更生をテーマにした楽曲「リハビリマーシー」を発表した。

   田代さんは薬物がらみで02年、05年、11年の3回にわたって有罪判決を受けている。楽曲はラッパーからの「(薬物依存は)本当に大丈夫なのか」という問いかけに「だいじょうぶだぁ」と答える構成で、自身が過去に出演していたバラエティー番組「志村けんのだいじょうぶだぁ」のフレーズを用いながら更生をアピールする内容に仕上がっている。

   これを音楽ニュースサイトが7日、「加藤紗里に続き、今度は田代まさしが覚せい剤疑惑にラップで『だいじょぶだぁ』と否定」との見出しで報じると、加藤さんは8日未明に自身のツイッターで反応。

「申し訳ないけど、こんなクズの隣に紗里の名前を並べて欲しく無い。それぞれ事情はあるかもだけど、紗里にもこれをやって良いのか、悪いのかの区別はあるの」

と露骨に嫌悪感を示した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中