佐村河内氏のドキュメンタリー映画「FAKE」、6月公開決定

印刷

   2014年の「ゴーストライター騒動」で世間を騒がせた佐村河内守氏のドキュメンタリー映画「FAKE」が2016年6月4日から劇場公開されることになった。3月9日までにオープンした公式サイトで発表された。

   佐村河内氏は「全ろうの作曲家」として活動してきたが、14年2月、自作としていた主要曲は桐朋学園大学非常勤講師(当時)の新垣隆氏が作曲したものだったことが発覚。3月に謝罪会見を行った。

   映画化の話は15年5月に複数メディアが報じていた。メガホンをとったのは、オウム真理教を題材にした社会派ドキュメンタリー映画「A」などで知られる森達也監督だ。9日付の日刊スポーツによると、森氏は14年9月から16年1月までの1年4か月にわたり、佐村河内氏の自宅でカメラを回したという。

   映画は109分。6月4日から東京・渋谷のユーロスペースで上映され、全国で順次公開される。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中