クジラ死骸の上でガッツポーズの「征服写真」 「最優秀賞」に批判殺到でお詫び、取り消し

印刷

   北海道立オホーツク流氷科学センター(北海道紋別市)が主催した写真コンテストで最優秀賞に選ばれた作品に批判が相次ぎ、同センターは2016年3月15日、「該当作品なし」としたことを発表した。

   作品は、1人の男性が海辺に横たわるクジラの死骸の上に立ち、ガッツポーズを決めている姿を写したもの。9日の発表後、批判的な声が相次いでいた。

  • 最優秀賞に選ばれた作品「征服」(画像は北海道立オホーツク流氷科学センターHPに掲載された審査結果より/現在は削除)
    最優秀賞に選ばれた作品「征服」(画像は北海道立オホーツク流氷科学センターHPに掲載された審査結果より/現在は削除)

「お調子者がツイッターにアップする様な低レベルの写真」

   問題となっているのは、第25回「オホーツクの四季」写真コンテストで最優秀賞を受賞した「征服」。北海道北見市の男性が撮影したもので、応募作品118点の中から選ばれた。審査結果は9日に公式サイト上で発表されたほか、北海道新聞紙面にも掲載された。

 

   ところがその後、ネット上では

「愕然としました」
「なにを何思って乗っかったのか理解に苦しみます」
「どうしてお調子者がツイッターにアップする様な低レベルの写真が最優秀賞なのでしょうか?」

といった批判的な声が相次いだ。朝日新聞デジタルの3月15日配信記事によると、センターにも批判的な意見が電話で寄せられたという。

   これを受け、同センターは15日付のお知らせ文を公式サイト上に掲載。

「寄せられたご意見を受け、審査員と応募者に事情を説明しましたところ、ご本人様より辞退する旨のお話があり、最優秀賞(北海道知事賞)」は『該当作品なし』と致しました」

と発表した。

「自然や環境を研究する機関でありながら...」猛省

   また今回の騒動については、

「当施設における審査の判断基準が明確ではなく、自然や環境を研究する機関でありながら、それらへの配慮や認識が欠如していた点を原因と考え、多くの方に不快な思いをさせてしまい、猛省しております」
「今後におきましては、生命の尊厳および人道の尊重について適切な配慮を欠くことのないよう、対処して参りたいと考えております」

とした。

   「征服」を選評したのは、北海道写真協会の女性会員。選評では

「海岸に流れてきた?クジラに乗ってヤッタゼ!と言った得意のポーズの青年!滅多に見られない作品作りに成功されたと言ってよいでしょう」

と、評価していた。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中