「ショーンK降板」騒動で噴出する疑問 TVになぜ「あのテの人」が多いのか

印刷

   週刊文春に学歴詐称を指摘された経営コンサルタントの「ショーンK」ことショーン・マクアードル川上氏(47)が2016年3月15日、かつてウェブサイト上に掲載していた経歴に「間違い」があったとして、サイト上で謝罪した。

   フジテレビの「とくダネ!」のコメンテーターとして知名度を上げ、16年4月からスタートが決まっていた夜のニュース番組「ユアタイム」への起用が決まった矢先でのスキャンダル発覚だった。文春記事を受けて、川上氏が降板を申し入れたのは、実に6番組。いわばこれだけ多くの番組が「騙されていた」とも言え、専門性や実績というよりは外見などで「テレビ受けするか」でコメンテーターを選んでいる実態も浮き彫りになった形だ。

  • 川上氏は経歴に「間違い」があったとしてウェブサイトで謝罪した
    川上氏は経歴に「間違い」があったとしてウェブサイトで謝罪した

同級生もびっくりの変貌ぶり

   川上氏は自らのウェブサイトに掲載していた経歴の中で、米テンプル大を卒業し、ハーバードビジネス・スクールで経営学修士(MBA)を取得したと説明していたが、(首都圏などで)3月16日発売の週刊文春3月24日号では、これらの経歴が事実ではないことを指摘。川上氏は文春の記事の中で「学位はない」などと指摘を認めていた。

   川上氏は日本人離れした彫りの深い顔立ちと低音の声が特徴で、容姿で知名度を上げたとの指摘もある。ただ、文春では川上氏の本名が「川上伸一郎」だったことも明かされ、誌面に掲載された高校3年生時の集合写真は「色白で上品だが、現在のようなエキゾチックな顔立ちではない」と説明されている。これに加えて、川上氏の高校時代の同級生は、文春記者から今の川上氏の写真について「面影は?」と聞かれて

「まったく。顔が違います!言われるまで、まったく気づきませんでした」

と答えるほどだ。つまり、経歴だけではなく、自らを特徴づけていた「日本人離れした彫りの深い顔立ち」も、「後付け」だった可能性もある。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中