街角アンケで「許せる」が7割超も 経歴詐称「ショーンK」に同情論相次ぐ

印刷

   学歴や経歴の詐称疑惑を週刊文春に指摘され、活動自粛を発表した「ショーンK」こと経営コンサルタントのショーン・マクアードル川上氏(47)について、テレビ番組などで同情論に近い声が相次いでいる。詐称そのものについては批判しながらも、実力についてもっと評価してもいいとする声だ。

   街角アンケートでも、経歴詐称を「許せる」と答えた人の割合が7割を超えており、コメンテーターとしての手腕を評価する声は比較的多い。

  • 番組では川上氏に同情的な声も相次いだ(写真は川上氏のウェブサイトより)
    番組では川上氏に同情的な声も相次いだ(写真は川上氏のウェブサイトより)

テリー伊藤「サンジャポだったら続けられたのに」

   川上氏は2016年3月19日夜放送のラジオ番組に録音メッセージを寄せ、「お詫びの言葉も見つかりません。ただただ、心から申し訳なく思っています」と謝罪していた。翌20日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS)でもこのメッセージが紹介され、出演者から発言が相次いだ。

   テリー伊藤氏(66)が

「イケメンだしかっこいいしね、気さくなお兄さん、って感じがするんですよ。だから、多少の詐称だったら、サンジャポだったらそのままずっと続けられたのに」

と冗談交じりに話し、爆笑問題の2人も

「コメンテーターとして残された道はサンジャポしかない」(大田光氏)
「サンジャポ、来週からでも全然」(田中裕二氏)

と応じた。デーブ・スペクター氏(61)は、

「(川上氏は)意見の中に英語のキーワードを使う。あれは発音が完璧」
「DJをJ-WAVEの大変に人気ある番組でやっていた。色々な社長と対談したりして、テレビの出演は割と自然にスライドしただけ」

とやや川上氏に同情的だ。西川史子氏(44)は、

「ただ声がいい人、として出てくればよかった」

と話した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中