「倫理観なし」「買収されてる」 清原差し入れ「焼肉弁当」を食べたマスコミに批判

印刷

   覚せい剤取締法違反(所持、使用)の疑いで逮捕・保釈後、病院へ搬送された元プロ野球選手、清原和博被告が病院前に張り込む報道陣に差し入れた「焼肉弁当」が波紋を広げている。

   ほとんどの記者らが手を付けずに放置した一方、記者による「食レポ」を自社媒体に掲載する「強者」も現れた。ネット上ではこうした動きに「倫理観があるとは思えない」「買収されてる」と批判の声も上がっている。

  • 一体何の意図で…(画像は清原被告が最後に更新した16年2月1日のブログ記事より。現在削除)
    一体何の意図で…(画像は清原被告が最後に更新した16年2月1日のブログ記事より。現在削除)

「ひどい記事を書くな、という働きかけとも捉えられかねない」

   千葉県松戸市内の総合病院に入院後、一度も公の場に姿を見せていない清原被告。何としてでもその顔をとらえたい、と病院前に張り込む報道陣との「根競べ」が始まって、2016年3月21日で5日目を迎えた。

   先に動きを起こしたのは清原被告だった。20日18時頃、報道陣に「焼肉弁当」という思わぬ差し入れをよこしたのだ。

   各報道によると、黒塗りのワンボックスカーが突如目の前に現れ、乗っていた男性2人が30人分の弁当を差し入れてきた。2人は「東京都内にある清原被告行きつけの焼肉店の者」を名乗り、清原被告側から報道陣に届けるように指示されて持ってきた旨を明かすと、弁当を置いてそそくさと去って行った。なお、弁当のケースや割り箸からは店名を特定できなかったらしい。

   この差し入れに報道陣は困惑。スポーツ報知によると、現場で弁当に手をつける記者やカメラマンは誰もおらず、一部は弁当の返却を病院の受付に依頼し、病院側が預かりを拒否する事態にまで発展していた。東京スポーツも「本紙の記者も食べなかった」と書いている。

   21日放送の情報番組「とくダネ!」でも田中良幸レポーターが「ひどい記事を書かないで欲しい、放送をしないで欲しいという働きかけとも捉えられかねない」と清原被告の行為を批判し、司会の小倉智昭さんも「(現場の報道陣は)食べるにはいかないですよね」とこれに賛同した。

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中