「不倫」乙武氏に「立派なコメントしてたクセに...」 「不満足」な声、ネットに相次ぐ

印刷

   「五体不満足」の著書で知られる作家の乙武洋匡氏(39)が、5人の女性と不倫関係にあったと、週刊新潮の最新号(2016年3月31日号)が報じ、同誌が発売された24日朝、乙武氏本人が報道を事実と認め、謝罪文を自身の公式サイトで発表した。

   ハンディキャップを持ちながら精力的に社会活動を続ける乙武氏には、16年夏の参議院議員選挙への出馬も取り沙汰されており、今回の騒動の波紋が広がりそうだ。

  • 公式サイトでの謝罪文発表を、ツイッターでも告知した乙武洋匡氏
    公式サイトでの謝罪文発表を、ツイッターでも告知した乙武洋匡氏

「妻に、今度こそ応えたいと思っています」

   新潮が乙武氏の不倫現場をキャッチしたのは15年12月25日クリスマスの夜、羽田空港でのことだ。新潮記事によると、妻ではない「20代後半の美女」と海外旅行へ向かう様子を捉え、写真も掲載している。2人は「俺ら一心同体でしょ」「一心同体!乙クンといる自分が一番好き」とまるで新婚夫婦のような会話を交わしていたという。乙武氏は「ダミー」として別の男性を同伴させていることも記述されている。

   年が明けてから、乙武氏は新潮の直撃取材に応じており、同女性について「肉体関係もあります。不倫と認識していただいて構いません」と認めた。乙武氏は01年に結婚し、長男(8)、次男(5)、長女(1)を授かっているが、長男誕生後、「妻が母になり、夫婦らしさみたいなものが次第に失われていって」というのが不倫に走った大きな要因という。

   新潮が発売された24日朝、乙武氏は公式サイトで謝罪文を発表。「このたびは私の不徳の致すところにより、多くの方にご迷惑、ご心配をおかけして、たいへん申し訳ございません。報道された私の行いは、これまで支えてきてくれた妻と、私を慕ってくださっている方々を裏切る行為であり、決して許されるものではありません」と全面的に不倫の事実を認めた。

   妻には以前から打ち明けて話し合いをしていたという。その上で「一生かかっても償いきれないほどの過ちであるにもかかわらず、妻は私を許し、やり直そうと言ってくれました。『夫として、父として、もう一度、あなたを家族として迎え入れたい』と言ってくれた妻に、今度こそ応えたいと思っています。失った信頼を回復するのは決してたやすいことではありませんが、いま一度、自分を見つめ直し、家族と向き合っていく所存です」と反省の弁を述べた。家族含む関係者に対しても「妻や妻のご両親、3人の子どもたちに心より謝罪し、またこれまでの仕事や活動のなかでお世話になっているみなさまに深くお詫び致します」と謝罪した。

   乙武氏の謝罪文の直下には、妻・仁美さんもコメントを掲載した。「妻である私にも責任の一端があると感じております。今日に至るまで二人でしっかり話し合った結果、3人の子どもたちのためにも、あらためて夫婦ともに歩んでいくことを強く決心致しました。本人はもちろん、私も深く反省しております。誠に申し訳ございませんでした」と、乙武氏と同様に謝罪している。

「一番身近で支えてくれるはずの家内は平気で裏切るのですね」

   報道と同時に、内容を認めて謝罪した乙武氏。ネットでは「不倫とそれ以外の事は別ですので変わらず応援します」といった応援の声も一部で上がってはいるが、批判的な声が大半を占める。特に教育者として、小学校講師、東京都教育委員の経験もあるため、「自分一人じゃ出来ないこともあって大変だと小学校では立派なコメントを残していらっしゃいましたが 一番身近で支えてくれるはずの家内は平気で裏切るのですね」といった厳しい意見が多い。

   16年夏の参院選に自民党から出馬するという報道もあるため、「仮にも自民党候補で出馬するかもしれないですから、説明責任は果たして置いて欲しいですよね。それができないのであれば出馬しないでいただきたい」という声も出た。なお新潮によると、乙武氏は出馬について「分からないですね......」と否定しなかったという。今後の自民党サイドの動向にも注目が集まる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中