ロキソニンに重大な副作用も 厚労省が大腸閉塞などに注意喚起

印刷

   鎮痛剤などとして広く使われているロキソニンに大腸閉塞などの重大な副作用が出る恐れがあると、厚労省が2016年3月22日に注意を呼びかけた。

   医薬品医療機器総合機構(PMDA)がこの日、ホームページ上でこのことを明らかにした。それによると、厚労省では、ロキソニンの使用上の注意として、「重大な副作用」の項目に「小腸・大腸の狭窄・閉塞」を追記するよう指示を出した。ここ3年で、死亡例はないものの6つの症例が出たことから、改訂することが適切と判断したとしている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中