女子中生監禁容疑者「飛行機愛」と「アキバ通い」の接点 素顔出したFBは行方不明半年前に更新が止まった

印刷

   埼玉県朝霞市の女子中学生(15)を約2年間監禁した容疑で逮捕状を取られた、寺内樺風(かぶ)容疑者(23)の「素顔」がインターネットから見えてきた。とりわけクローズアップされているのは、東京・秋葉原との関係だ。寺内容疑者の名前のフェイスブックページは航空機にまつわる写真で埋め尽くされている。

   一方、女子中学生は保護当日、「寺内容疑者が秋葉原に出かけると言って外出した隙に警察へ電話した」と警察に証言している。実は、秋葉原には、航空無線の関連商品を取り扱う店舗が集中しているのだ。寺内容疑者は無線関係の店に行こうとしていたのか?

  • 無線関係の店に行こうとしていた?(寺内容疑者本人と思われる男性のフェイスブックページより)
    無線関係の店に行こうとしていた?(寺内容疑者本人と思われる男性のフェイスブックページより)

アメリカの養成学校で自家用機免許を取得

   2014年3月から行方不明だった女子中学生が16年3月27日に保護された事件で、埼玉県警は28日朝、寺内容疑者を静岡県伊東市内で発見し、身柄を確保した。県警は回復を待ち、未成年者誘拐の容疑で逮捕する方針だ。

   千葉大学出身で東京・東中野に住み、職業不詳――そんなプロフィールでは分からない寺内容疑者の「素顔」が、新たに「発掘」されたフェイスブックページで垣間見える。

   小型機に乗ったサングラス姿の男性を振り向きざまに撮影したプロフィール写真。恐らく寺内容疑者本人と思われるが、写真に寄せられた「Have a nice trip home」(良い旅を!)というコメントに「yup. Good luck to you too!」(あなたも、幸運を祈るよ!)と返している。この写真を投稿した13年9月15日を最後に、「友達」以外が閲覧できる投稿は途絶えている。女子中学生の行方が分からなくなる、およそ半年前だ。

   フェイスブックの写真はいずれも、アメリカのパイロット養成学校「Nice Air Aviation」で自家用機免許を取得した13年頃に撮影されたものと考えられる。

   同校の公式サイトを見る限り、寺内容疑者が免許を取得したのは13年の9月6日。セスナ機の代表モデル「152」の前で、教官と握手をする姿が写真掲載されている。

   その他、フェイスブックには青空に舞う機体やエンジン、操縦機器の写真が多く投稿されており、並々ならぬ「飛行機愛」が伝わってくる。

秋葉原は指折りの「無線機ショップ」密集地

   保護された女子中学生は「秋葉原に行くと言って男が出かけた隙に逃げ出した」と警察に証言していることが各社に報じられている。

   実は、秋葉原は関東でも指折りの「無線機ショップ」密集地だ。そうした事情を知るネットユーザーからは

「『航空免許持ちで秋葉原に行く』はありえる」
「無線関係の店に行こうとしてたかな」

との憶測が寄せられている。16年3月27日の寺内容疑者の足取りをつかむため、記者は28日午後、JR秋葉原駅周辺にある複数の無線専門の店舗で聞き込みをした。

   しかし、いずれも

「ちょっと分からない」「見ていない」

との返事が返ってくるばかりだった。

   ある店舗の従業員によると、秋葉原の店舗が取り扱っているのは無線の「受信機」がほとんど。空港などで飛び交う航空無線を傍受できる受信機は愛好家の需要も高く、「いろいろな層の方が買っていく」という。

   寺内容疑者はこの日、秋葉原に行ったのか。また、「飛行機愛」と「少女監禁」の間に関係はあるのか。容疑者の動機も含め、まだ、謎だらけの事件である。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中