漫画家・望月三起也さん死去、77歳 「ワイルド7」がヒット

印刷

   「ワイルド7」などの作品で知られる漫画家、望月三起也(みきや)さんが2016年4月3日、肺腺がんのため川崎市の病院で死去した。77歳だった。公式サイト「月刊望月三起也」で同日、発表された。

   横浜市出身。1960年に月刊誌『少年クラブ』で『特ダネを追え』の連載を始め、デビューした。62年に「竜の子プロダクション」(現タツノコプロ)に参加し、69年から週刊漫画誌『少年キング』におよそ10年間『ワイルド7』を連載した。同作は人気を博し、テレビドラマや映画の原作ともなった。連載終了後、『新ワイルド7』『続・新ワイルド7』といった続編も生まれた。

   最近の様子は公式サイトのコラムで報告していたが、その更新は16年3月13 日で途絶えている。最後のコラムでは「人生で、これほど振り廻されたことは初めて。昨11月ころから、何だか体調が悪く、例の如く強情だから、そのうちに治ると思ってましたが、めまいもひどく(中略)入院して調べるしかないでしょう」とつづっていた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中