「この程度で中止とは...」「社会が不寛容になった」 カップヌードル「CM中止」に疑問続々

印刷

   日清食品が、視聴者からの抗議をうけて「カップヌードル」の新CMの放送を取りやめたことについて、テレビやネットでは疑問や批判の声が相次いでいる。

   放送開始からわずか1週間。「攻めているCM」との高評価もあっただけに、取りやめを惜しむ声は多く、CMへの抗議、ひいては特定の対象を集中批判しがちな「世間」への批判につながっている。

  • 「こんなことも笑いにできないなんて…」との声も(YouTubeで公開されていたCM動画より/現在は非公開)
    「こんなことも笑いにできないなんて…」との声も(YouTubeで公開されていたCM動画より/現在は非公開)

古市、ラサール、ふかわも「苦言」

   日清食品は2016年4月8日、お笑いタレントのビートたけしさんやタレントの矢口真里さん、歌手の小林幸子さんやムツゴロウさん、音楽家の新垣隆さんを起用した「カップヌードル」の新CM「OBAKA's UNIVERSITY」シリーズを放送取りやめにすると発表した。

   同社担当者は同日、J-CASTニュースの取材に「不倫に関係している」「虚偽を擁護している」など一部出演者のスキャンダルにからめた抗議があったと明かしている。

   これをうけ、社会学者の古市憲寿さんは同日、ツイッターで「社会が不寛容になった」と一言。「いいCMだったのにな」と取りやめを惜しんだ。その後、「もしかして、大人になっても『学級』を生きている人が多いのかな。『嫌いな人』にいちゃもんつけて『学級会』で糾弾をするといったように。大人には『学級』なんてないんだから、『嫌いな人』が見えない場所に行けばいいだけなのに」と同社に抗議が寄せられる様子を「学級会」に例えて批判した。

   タレントのラサール石井さんも同日、「ああ、もうこんなことも笑いにできない国になったんだね。久し振りによくやったと思ったんだけどなあ」「内容がどうとか言ってるけど、ただ『叩く』ことが目的でしょ。格好の標的だよね。それで何が生まれるのかな。きっと嫌な世の中になっていくよ。確実に」とツイッターで指摘している。

   お笑いタレントのふかわりょうさんは、9日のブログで「僕は、日清のCMが好きだ」と切り出し、「いつだって、撒き散らされるのは、不満のほうだから。反対の声はきこえるけれど、賛成の声は、なかなかきこえてこない」と述べている。

抗議する人は「本気で怒ってない」

   CMへの「好き嫌い」から離れ、一歩離れた視点で騒動を分析した芸能人もいる。お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志さんは16年4月10日放送のバラエティ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系)で、「こういうスキャンダルを起こしたタレントさん、有名人を叩きたい人っていうのは何パーセントか必ずいて、どんだけ謹慎しようが、どんだけ謝まろうが、絶対に許さないっていう人たちがやっぱりいるんですね。なんで許さないのかと思うと、そもそも本気で怒ってないんですよね。許すもなにも最初から怒ってないんですよ。なんか腹立つことがあって、それのなんか代わりに怒られているだけというか、怒ってもない人に許してもらうのは不可能なんです」とコメントした。

   抗議を寄せる視聴者のほとんどは「本気で怒ってない」という鋭い指摘に、ツイッターで「なるほど、奥深い」「これほんと」と賛同の声が寄せられている。

   CMはビートさんを「学長」に、他4人を「教授陣」に見立てたストーリー仕立てのものだった。同社は4月7日19時半すぎ、「ご不快な思いを感じさせる表現がありましたことを、深くお詫び申し上げます」との謝罪文を特設サイトに掲載し、放送取りやめを発表している。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中