東大総長「式辞」に新聞が大はしゃぎ? 見出しに「新聞を読もう」は「我田引水」との声が...

印刷

   東京大学の入学式で披露された五神真(ごのかみ・まこと)総長の式辞をめぐる報道で、新聞各社が「我田引水」をしているとネット上で話題になっている。

   式辞冒頭、「新聞を読みますか」と新入生に問いかけた総長だが、その後はメディア・リテラシーの話に終始。一方、これを取り上げた新聞記事の見出しでは「新聞を読もう」という方向に話が持っていかれてしまっている、という指摘が相次いでいるのだ。

  • 言っていることと違う?(右が読売新聞4月12日付け夕刊、左は朝日新聞4月13日付け朝刊)
    言っていることと違う?(右が読売新聞4月12日付け夕刊、左は朝日新聞4月13日付け朝刊)

「新聞を読みますか」→「新聞を読もう」

   皆さんは毎日、新聞を読みますか?――2016年4月12日に開かれた東大の入学式で、五神総長はそう新入生に問いかけた。

   しかし、続けたのは「新聞推奨論」でなく、メディア・リテラシーに関する話。「新聞よりもインターネットやテレビでニュースに触れることが多い」と現在のメディア環境を分析し、「ヘッドラインだけでなく、記事の本文もきちんと読む習慣を身に着けるべき」と語った。合わせて、海外メディアの報道と国内メディアの報道を見比べよう、日本の新聞やテレビの情報だけでは足りない、とも話し、記事を比較しながら国際的な視野を身に付けよう、という内容だ。新聞に限らず、多様なメディアの「記事」を読みこなす能力を身に着けることを求めたものといえる。

   しかし、多くの新聞は、式辞の内容とは「ズレた」見出しを付けた。

   読売新聞電子版は4月12日付けで「東大生よ、新聞を読もう...入学式で五神学長」という記事を公開した。

   東京新聞電子版も同日付けで「東大学長『新聞読もう』 入学式で訓示」と似たような見出しの記事を公開し、その中で「(五神総長は)『新聞を読みますか』と問い掛け、記事を読む習慣を身に付けるよう求めた」と書いている。同日付けで沖縄タイムス電子版に掲載された共同通信の配信記事にも、「新聞読みますか」の言葉に続けて「記事を読む習慣」という表現があった。

式辞報じた新聞記事が「反面教師」に

   朝日新聞電子版の13日付け記事の見出しは、「東大入学式、総長『新聞読みますか?』『習慣身につけて』」という表現で、「新聞を読む習慣を身に付けるべき」と言ったように読める。

   一方で、毎日新聞電子版のように、「新聞を読もう」という趣旨の見出しを付けなかった媒体もある(12日付け記事「東大入学式 学長『知のプロフェッショナルを目指して』」)。

   ただ、「新聞のススメ」という見出しを使ったスポーツ紙も含め、式辞の内容を新聞に都合のいいように思わせる見出しが多かったのは間違いなく、ツイッター上では

「我田引水ヘッドライン」
「本当に報道って良い加減」

といった批判が寄せられている。

   五神総長の言う通り、「見出しだけでなく記事の本文もきちんと読む習慣」を身に付けなければ、今回の式辞の内容を勘違いする可能性もある。

   皮肉にも、今回の新聞記事がその「反面教師」になってしまっていると指摘する声もネットには出ている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中