ディズニーシー15周年「オープニングセレモニー」が熊本地震で中止 「この判断は仕方ない」「配慮しすぎ」ファンら複雑

印刷

   東京ディズニーシー(TDS)の開演15周年記念イベント「東京ディズニーシー15周年 ザ・イヤー・オブ・ウィッシュ」が2016年4月15日に開幕したが、14日夜に熊本で起きた最大震度7の地震を受け、15日午前のオープニングセレモニーは中止となった。

   死傷者や建物倒壊が相次ぐなど、大きな被害を受けた九州の人々に配慮した形となったが、セレモニーを待ち望んでいたファンもおり、複雑な声が上がっている。

  • ファンの心境はいかに(写真は15周年イベントのプログラムの一つ。2016年4月11日に開かれたプレスプレビューで撮影)
    ファンの心境はいかに(写真は15周年イベントのプログラムの一つ。2016年4月11日に開かれたプレスプレビューで撮影)

「ずっとずっと楽しみにしてた...」

   TDSは01年9月に開業。同時に、4月15日は東京ディズニーランド(TDL)の開演記念日でもあり、運営するオリエンタルランドは17年3月17日まで約1年間にわたって記念イベントを開催する。イベント限定のショーを複数開催するほか、スペシャルグッズ、メニューも多数用意している。4月15日、TDS、TDLは通常通りに開園しているが、オープニングセレモニーは地震に配慮して中止となった。

「この判断は仕方ない」
「さすがにお祝いするような雰囲気ではない」
「過度な自粛というよりは思いやりっておもう」

   そんな声がネット上で出るとおり、やむを得ないと言えなくもないが、ビッグイベントとあってこの日を待ち望んでいたファンは多く、

「やってもいいんじゃないかな。配慮しすぎ」
「ずっとずっと楽しみにしてたセレモニーも中止になりました」
「こんなときだからこそディズニーには夢を見せて欲しいけど、一晩考えた結果ではあるんだろうな...」

と複雑な心境を吐露する声が上がっている。

東日本大震災の時も

   中には、11年3月11日に起きた東日本大震災の影響で、多くの人々、企業が一時的に活動を控えたものの、支援のためにも「過度の自粛はやめて」との声が被災地も含めた各所からあがったことを思い出す人もいた。

「自粛とかやめてくれ。東日本大震災から何も学んでないな」
「震災の時も自粛、自粛でなんかこっちが申し訳なくなったもん。問題ないところはいつも通りでいいんだよ」
「そんなに配慮したかったら、そのセレモニーで得た収益を熊本に送れよ」
インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中