小山薫堂、「くまモン募金箱」ネット上に設置 「生みの親」が被災地支援呼びかけ

印刷

   熊本県のPRキャラクター「くまモン」の生みの親で熊本家出身の放送作家・小山薫堂さんが2016年4月20日、被災地を支援するため、ポータルサイト「Yahoo!JAPAN」に「くまモン募金箱」を設置するとフェイスブックで発表した。熊本の復興支援プロジェクト「FOR KUMAMOTO PROJECT」の一環で、正式スタートは25日頃の見込みという。

   集まったお金の送付先は「現在調整中」としながらも、「いただいたお金が生きた支援金になるよう、熊本や大分で活動している人たちと知恵を絞りながら、日々どんどん支援金に回していきます」と宣言。

   最後に、「今熊本で頑張っている、少しでも余裕がある皆さんへのお願いです!被災地で見たり、聞いたり、感じた(ささやかでもいいので前向きな)心を和ますような意見を、Twitterでハッシュタグ『#くまモンあのね』を付けて、くまモンに報告するようにつぶやいてください」と呼びかけた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中