「殺人事件が発生した物件です」 千葉市がヤフオク!公売の「豪邸」、760万円は「買い」か?

印刷

   千葉市のとある住宅が、「ヤフオク!」の「官公庁オークション」で公売にかけられている。300平米を超える広さ、瀟洒なたたずまいのちょっとした「豪邸」と言っていいような物件が756万円(見積価額)から、というと、「掘り出し物だ!」と興味を持つ人がいるかもしれない。

   ただ、市による注意書きには一文、さらりとこんな「いわく」が添えられている。――「この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した物件です」。

  • 「官公庁オークション」より。話題となった物件
    「官公庁オークション」より。話題となった物件

チバリーヒルズにもほど近い住宅街

   この物件が公売に掛けられたのは、2016年4月のことだ。

   物件情報のページには、建物の写真が複数公開されている。地上3階建て、レンガ風のタイル壁に覆われ、玄関の上には大きなバルコニーがせり出すなど、洋館風でなかなかゴージャスな造りだ。築23年、市の説明には「経年相応の磨滅・老朽化があります」とのことだが、写真で見る限り、外観にはそれほどくたびれた雰囲気はない。

   土地が527.15平米、建物が308.1平米だから、広さもかなりのものだ。立地は、千葉市緑区の住宅街、ひところ日本の高級住宅街の代名詞だった「チバリーヒルズ(ワンハンドレッドヒルズ)」も目と鼻の先にある。

   この「豪邸」が土地・建物込みで「公売保証金額」760万円とされている。これを「破格」と感じた人も多かったようで、「2ちゃんねる」に立ったスレッドでは、「これは買いだろ」「750万ならリフォームしても安いか」といった声が続々と上がった。ただし、最初のうちは、だ。

「現況空家です。事件後、人の出入りはあまりなかったようで...」

   ページ後半の「備考欄」には、この安さの理由がはっきりと書かれている。

「この物件は、平成26年1月に建物内で殺人事件が発生した物件です。現況空家です。事件後、人の出入りはあまりなかったようで、維持管理の状態は良くありません」

   そう、この豪邸はつい2年前、殺人事件の現場となっていたのである。当時の新聞報道によると、亡くなったのは当時住んでいた男性。何者かに刃物らしきもので刺され、死亡しているのを発見されたが、現場では凶器は見つからなかったという。住民が自殺などを遂げた部屋などを俗に「事故物件」というが、まさにその典型例といえるだろう。

   よく見ると、ヤフオク!に市が公開している写真にも、建物の内部には家具や衣服などが置かれたままになっている。

   こうした事実に気づいたためだろう、上記のスレッドでは、途中から「怖すぎわろた」「ガチかよ」「ホラー映画にでてきそう」といったコメントが並び始め、怖気づいてしまったようで、積極的に買おうという声は少なくなった。

   この物件、すでに4月27日に参加申し込みを終了している。5月10日から入札が始まるとのことだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中