「サイコロキャラメル」約90年の歴史に幕 ツイッターでは「旅に行くとき困る」の声

印刷

   明治の「サイコロキャラメル」が2016年3月末で販売終了となっていた。同社が5月9日、J-CASTニュースの取材に対して、事実だと認めた。すでに1月で生産は打ち切られている。

   同商品は1927年発売。サイコロ状のパッケージが特徴的で、世代を問わず愛される商品だった。販売終了の理由について同社は、「強みのある分野」を強化する流れのなかで、キャラメル市場の縮小や、売り上げの減少があったと説明している。

  • 終売時の「サイコロキャラメル」は5箱(10粒入り)で税別122円(画像はイメージ)
    終売時の「サイコロキャラメル」は5箱(10粒入り)で税別122円(画像はイメージ)

北海道限定で「おみやげ」として、グループ会社が再発売を予定

   ツイッターをさかのぼると、「生産終了」のうわさは、16年2月下旬ごろから流れていたようだが、突然の販売終了におどろいているネットユーザーは多い。ツイッターでは、ファンからの

「サイコロキャラメルが生産終了って.........」
「サイコロキャラメルって終了してたんだ...。旅に行く時困るな」

といった嘆きが出ている。

   なお明治は15年2月、約90年の歴史を持つ「カルミン」の販売を終了していた。相次ぐロングセラー商品の消滅を受けて、

「カルミンに続き...」
「カルミンも無くなったんだよなぁ」

といった反応もみられる。

   北海道のローカル番組「水曜どうでしょう」(北海道テレビ)の人気企画「サイコロの旅」では、俳優の大泉洋さん(43)らの旅程を決める重要なアイテムとして使われていた。そのため、

「水曜どうでしょうのサイコロの旅が一番困るんじゃないか」
「いつかどうでしょうゴッコするためにもいくつか買っておこう」

といった視聴者からの声もある。

   終売時の「サイコロキャラメル」は5箱(10粒入り)で税別122円。明治広報によると、「当社による再販売はない」が、グループ会社から6月に北海道限定の「おみやげ品」として発売予定。「どうでしょうの聖地」である北海道で買えるとなると、ほっと胸をなでおろすファンも多そうだ。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中