「可愛くない子」は大学サークルに必要なし? 「勧誘ビラもらえなかった娘」見守る母親の投書が大反響

印刷

   朝日新聞の読者投稿欄「ひととき」に掲載された、大学1年生の娘をもつ母親の文章がインターネット上で反響を呼んでいる。

   「誰もくれなかった。(可愛い子だけ)見極めているからと男の子たちが言ってた」――。入学式の日、他大学の男子学生が配るサークル勧誘のビラを1枚ももらえずに落ち込む娘のことを綴ったものだ。

  • 女子大近くにはサークル勧誘目的の男子学生が集まっていたが…(画像はイメージ)
    女子大近くにはサークル勧誘目的の男子学生が集まっていたが…(画像はイメージ)

「『こういう風に傷ついてきたんだ』とはっとして...」

   投稿者は大阪府吹田市の主婦(54)。「娘よ、元気出して」とのタイトルで、2016年5月5日付の朝日新聞朝刊(大阪本社版)に掲載された。

   文章によると、投稿者の娘はこの春、ある女子大の薬学部に進学した。入学式当日、駅から大学まで一緒に歩いていると、学生が花道を作ってサークル勧誘のビラを配っていたという。その多くは、近くの国立大の男子学生だったそうだ。いわゆる「インカレサークル」の勧誘なのだろう。

   ところが、ビラは娘の手には渡らなかった。「誰もくれなかった。(可愛い子だけ)見極めているからと男の子たちが言ってた」と娘。母親がよく観察してみると、娘の頭越しに後ろの子にビラを渡していたこともあった。最初は怒っていた娘も、帰りの電車では涙を流していたという。

   母親曰く、娘は「地味な子」。中学の時に男子にからかわれ、容姿に自信をなくしたという。高校ではおしゃれをするなど努力していたが、それも高2でぱったりやめ、笑顔も消えてしまった。だが、どこかのタイミングで心機一転したい思いがあったようで、入学式は生まれて初めて薄くメークをして臨んだという。

「娘はいつも『男子はきらい』と言う。私は娘に『男の子を理解できる度量を持てればいいのに』と思っていた。だが『こういう風に傷ついてきたんだ』とはっとして、私も心が痛んだ」

   勧誘目的の男子学生にことごとくスルーされ落ち込む姿を間近で見て、胸が締め付けられたようだ。その上で母親は「でも娘よ」と切り出すと、最後にこんなエールを送った。

「目標に向かって努力できる才能を認めてくれる友だちをつくって、笑顔で大学生活を送ってね」

「泣いてしまった...」「やさしいお母さん」

   この文章は、あるツイッターユーザーが紹介したこともあり、ネット上で注目を集めた。

「痛いほどこの子の気持ちがわかって泣いてしまった...」
「私そのまんま同じこと入学式でされたわ...」

と共感を示す声や、

「男の俺でもこういう露骨な勧誘はひくわ」
「こんな集団に関わらない方が良い」

などと、サークル側を批判する声が多くあがっている。

   ただ、ビラが手渡されなかった理由のすべてが、可愛い子を探す男子学生の「見極め」による結果なのかは、文章の限りでは分からない。たとえば、他に母親と一緒にいる学生があまりいなかったり、うつむきめに歩いていたりすれば、男子学生側も渡しにくいと感じるかもしれない。

   そのため、ネット上では「容姿判断」以外の理由もあったのではないか、との指摘も。中には「来てほしい人に渡して、来て欲しくない人には渡さないのは当たり前のこと」と、サークルの自由を主張する意見も出ている。

   母親に対しては意見が分かれており、「最後の一文が泣ける」「やさしいお母さん」という声もあれば、「母親がコレ投稿してたの知ったら余計に傷付くだろ」「もっとオシャレを教えてあげるべきだった」との声もある。

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中