エリザベス女王の「本音」に中国当局が震撼 「(主席一行は)とても失礼」発言をアノ手コノ手で...

印刷

   英国のエリザベス英女王がバッキンガム宮殿で2016年5月10日(現地時間)に開いた園遊会で、中国の習近平国家主席が15年10月に国賓として英国を公式訪問した際の中国側の振る舞いが「非常に失礼だった」と発言したことが分かった。

   両国は経済関係の強化を進めており、習主席の公式訪問は「大成功」だというのが表向きの立場。女王の思わぬ「不規則発言」が波紋を広げている。

  • エリザベス女王は、習近平国家主席の一行が2015年10月の公式訪問で「非常に失礼だった」と憤っていた(代表撮影/ロイター/アフロ)
    エリザベス女王は、習近平国家主席の一行が2015年10月の公式訪問で「非常に失礼だった」と憤っていた(代表撮影/ロイター/アフロ)

警備責任者を紹介されて「それは大変でしたね」

   園遊会の様子は代表取材のカメラが撮影しており、16年5月11日にBBCなどが放送した。それによると、ガイド役の男性が、習主席訪英時の警備責任者だった警察幹部の女性を女王に紹介し、女王は

「それは大変でしたね」

と、ねぎらいの言葉をかけた。ガイド役が

「非常に中国側には悩まされたが、職務をやり遂げた」

と幹部の立場を説明し、発言を促すと、幹部は

「御存じかどうかは分かりませんが、非常に大変でした」

と切り出した。すると、女王は

「知っていますよ」

と応じた。さらに女性は警備の苦労について、

「(習主席)一行が(イベントが行われていた)ランカスター・ハウスから出てきて、私に『旅行は終わりだ』と言った時には...」

などと明かし、女王は

「彼らは大使に対して非常に失礼でした」

と話した。幹部が、習主席一行の「失礼」な様子を

「そうです。バーバラ(北京駐在のバーバラ・ウッドワード大使)は私と一緒にいましたが、彼らは私たちを前にして出て行きました」

と具体的に説明すると、女王は

「それは異常なこと」

と驚いた様子。幹部も

「非常に失礼で、非常に無神経なことだと思いました」

と、怒りが収まらない様子だった。

BBC映像は「真っ黒」に

   ただ、両国ともに、事務方は火消しに躍起だ。BBCによれば、バッキンガム宮殿の広報担当者は

「女王の個人的発言にはコメントしないが、公式訪問は大成功で、あらゆる事柄がスムーズに進むようにすべての関係者が緊密に連携した」

などと釈明。中国外務省の陸慷報道局長は5月11日の定例会見で、

「両国の(外交団の)多大な努力によって、公式訪問は大成功だった。このことは両国が大いに認識している」

と歩調を合わせた。記者が

「英国側の発言が2国間関係に影響する懸念はあるか」

と追及すると、陸氏は

「公式訪問は2国間関係の『黄金期』の先駆けだ。この点は英国側も同意している」

と反論した。

   BBCによると、女王の発言を伝えるBBCのニュース映像は、中国国内では真っ黒な映像に差し替えられた。検閲が原因だとみられるが、中国当局としても発言が中国国内で広まるのを防ぐことはできないと判断したようだ。中国共産党系の「環球時報」(電子版)は両国政府の見解を報じながら「英メディアが女王のプライベートをばらした」などとする論説を掲載。女王の発言を単なる「ゴシップ」に矮小化することで、外交・政治問題化することを避ける狙いがあるとみられる。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中