声優・水谷優子さん死去 「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役など

印刷

   「ちびまる子ちゃん」のお姉ちゃん役などで知られる声優・水谷優子さんが2016年5月17日、乳がんのため死去した。51歳だった。所属事務所「青二プロダクション」が19日、公式サイトで発表した。

   1964年愛知県生まれ。85年に「機動戦士Zガンダム」でデビューし、「エスパー魔美」や「天地無用!」「学級王ヤマザキ」など様々な作品に出演した。

   「ちびまる子ちゃん」のアニメ公式サイトでも16年5月19日、原作者のさくらももこ氏とキャストおよびスタッフ一同から「平成2年の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」というコメントが発表された。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中