51歳の死に「早すぎますよ」「めちゃくちゃショック」 「ちびまる子」お姉ちゃん声優、水谷優子さん死去

印刷

   フジテレビ系アニメ「ちびまる子ちゃん」で「お姉ちゃん」の声を担当していた声優の水谷優子さんが、乳がんのため51歳で亡くなり、ツイッターなどには惜しむ声が相次いで寄せられた。

   水谷さんの死去は、所属事務所の青二プロダクションが2016年5月19日、公式サイトで発表した。

  • 「ちびまる子ちゃん」公式サイトには、さくらももこ氏の追悼コメント(画像は公式サイトのスクリーンショット)
    「ちびまる子ちゃん」公式サイトには、さくらももこ氏の追悼コメント(画像は公式サイトのスクリーンショット)

「早すぎる」との声多く

   「ちびまる子ちゃん」の番組公式サイトも同日、原作者のさくらももこ氏とキャスト、スタッフ一同のコメントを掲載した。「平成2年(1990年)の初回放送から長きにわたりお姉ちゃんの声を演じていただき、『ちびまる子ちゃん』を楽しく盛り上げていただいておりました。ここに追悼の意を表し、心からのご冥福をお祈り申し上げます」。

   水谷さんは他にも、「ブラック・ジャック」のピノコや「機動戦士Zガンダム」「スーパーロボット大戦」、ミニーマウスの吹き替え版、「デジモンアドベンチャー」の武之内空などを担当した。

   死去の報道を受け、ツイッターには、

「ちびまる子ちゃんどうなるんだろう...ご冥福お祈りいたします」
「え......めちゃくちゃショック......もうさきちゃんの声聞けないの」

   51歳という年齢に驚き、悲しむ人も多い。

「まだ51歳なら早すぎますよ・・・・」
「そんな...まだまだ聴きたかった...」

   「ちびまる子ちゃん」以外でもさまざまなアニメの声で知られていたため、

「一番印象に残っているキャラクターは『ブラック・ジャック』のピノコですね」
「水谷優子さんと言えばちびまる子ちゃんのお姉ちゃんもだが、やはりディズニーっ子としてはミニーマウス。パーク内の声はもしかしてもう変わっているのかな......」

などと、他のキャラクターを思い出す人もいた。

   声優の水島裕さんは、

「番組でご一緒する事は少なかったのですが、たまに会うと、なんだか、はにかんだような笑顔だったのが印象的です。僕には、少女を演じるイメージが強い水谷さんでしたから、お亡くなりになったと聞いても、納得できません」

とブログで語っている。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中