「艦これアーケード」カードに高値買取の号砲 「1枚40万円」提示の会社が合わせた照準とは

印刷

   仕事や学校に行っている場合ではない!―――2016年5月26日朝から全国のゲームファンは色めき立った。ゲームセンターなどに設置されているゲーム「艦これアーケード」でレアカードをゲットすれば40万円で買い取る、とトレーディングカード売買会社が発表したからだ。

   このカードの他にも20万円、15万円、10万円で買い取るという「買い取り表」も出した。まるでちょっとしたギャンブルの様相だ。

  • いまだに衰えない「艦これ」人気。アーケードゲームのカード買い取り表に40万円と出て大騒ぎ(写真はトレッカ.comの買い取り表のスクリーンショット)
    いまだに衰えない「艦これ」人気。アーケードゲームのカード買い取り表に40万円と出て大騒ぎ(写真はトレッカ.comの買い取り表のスクリーンショット)

ヤフオクでも1枚10万円を超える取引が多数

   オブジェクション(埼玉県和光市)は、トレーディングカード売買サイト「トレッカ.com」を運営していて、16年5月25日に公式ツイッターで、

「買取表更新! 正直相場がさっぱり予想できないです。(笑) しかし攻めてますので是非宜しくお願い致します!明日の店舗解放は19-25時で行いますので持ち込みお待ちしております!」

とつぶやいて「買い取り表」を公開した。そこには「雪風 改 中破」40万円、「雪風 改 ホロ」20万円、「雪風 中破」15万円と書かれていたため、ゲームファンはド胆を抜かすことになった。この「雪風」というのは大人気プラウザゲーム「艦これ」のキャラクターの一人。セガが開発したアーケード版「艦これアーケード REVISION1」は4月28日から全国のアミューズメント施設で稼働をしていて、順次新キャラが投入されるなか、5月26日に初お目見えしたのが「雪風」だ。

   「艦これ」のアーケード版はゲーム内で軍艦を建造するか、戦闘を終えた後などに新しい「仲間」(軍艦の少女キャラ)がゲットできる仕組みで、それがカードになって発行される。カードはゲームに使用するもので、手持ちのカードの選択で戦隊を編成し海に出て敵と戦う。手持ちのカードの種類が多いほど多彩な戦闘が楽しめるほか、コレクションとして保管するファンも多い。そのためヤフオクなどのオークションサイトに出品する人もいて、例えば5月26日の昼の時点で「おもちゃ、ゲーム」カテゴリの「艦これアーケード」で検索すると、2816件ヒットした。一般的なカードは数百円程度で取引されていて、レアカードはめったにゲットできないため10万円を超える高値が付くものもあった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中