東海第二原発で放射性廃液漏れる 建物外への流出確認されず

印刷

   日本原子力発電は2016年6月2日、運転を停止している東海第2原子力発電所(茨城県東海村)の構内で、国の基準を超える放射性物質を含む廃液約750リットルが床に漏れるトラブルがあったと発表した。廃液は建物内にとどまっているため、環境への放射能の影響はないと説明している。

   発表によると、6月2日14時55分頃、廃棄物処理棟の地下1階に液体が溜まっているのが見つかった。その後、上部にあるタンクベント処理装置室にも液体が溜まっていることを確認。液体の放射能濃度を測定したところ、国の基準値である1平方メートルあたり40ベクレルを大幅に超える同1700ベクレルが検出されたため、16時56分に保立入制限区域を設定した。作業員の被ばくはなかったという。どこから廃液が漏れたのかは現在調査中だ。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中