海老蔵、麻央がん会見で「追っかけて来ないで」 報道けん制にネットも「そうだ、そうだ」の声

印刷

   フリーアナウンサーの妻・小林麻央さん(33)の「進行性がん」報道を受け、歌舞伎俳優の市川海老蔵さん(38)が会見を開いた。会場には報道陣200人が集結。ムービーカメラ30台、スチールカメラ40台が海老蔵さんをとらえ、フラッシュを一身に浴びせた。

   その中で海老蔵さんが語ったのは、麻央さんの病状や子供たちの様子、そして「静かに見守ってほしい」というマスコミに対する要望だった。

  • 会見を開いた海老蔵さん(2016年6月9日撮影)
    会見を開いた海老蔵さん(2016年6月9日撮影)

「おかげさまで我が家は蜂の巣をつついたように」

   2016年6月9日付のスポーツ報知の報道を受け、同日朝には自宅周辺に報道陣が駆けつけた。朝7時前、長女の麗禾(れいか)ちゃんと長男の勸玄(かんげん)くんとともに帰宅したが、無言で自宅へ。かわりに事務所関係者が対応した。

   その後、ブログに「できれば家の周りは近所の方々のご迷惑になるので帰って頂きたいです」とつづり、数時間後には「出来る限り子供達の生活を日常化する為」として15時から会見を開くことを公表した。

   会場となった都内のホテルには約200人の報道陣が集まった。約30分の会見で、海老蔵さんは記者からの質問に一つ一つ丁寧に答え、約1年8か月前に麻央さんに乳がんが見つかったことを明らかにした。病状は「比較的、深刻」とのことで、現在は手術に向けて抗がん剤治療を続けているという。

   プライベートな内容であるにもかかわらず、しつこい質問に感情的になることもなく、言葉を選びながら真摯に話す姿は印象的だった。同時に、発言の端々にメディアへの不信感もにじんだ。

   「今朝、自宅の中から勸玄くんの元気な笑い声が聞こえた」という記者には、

「おかげさまで皆さまのことで、我が家は蜂の巣をつついたかのような状況でございまして。色々な人が出入りする中、幼稚園にも行けなかったんですけど。子供たちは便乗して盛り上がるっていうね。まあ、無垢なものですから、朝からお客さんがいっぱい来て楽しい時間となったのではないでしょうか」

と皮肉を込めつつ、ユーモアを交えて回答した。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中