Mr.サンデー「上海ディズニー」報道に批判殺到 映画「ムーラン」知らなかった?

印刷

   2016年6月19日放送の情報番組「Mr.サンデー」(フジテレビ系)に対し、ディズニーファンから「いい加減な報道をするな!」との批判が相次いでいる。

   番組では、16日に開業したばかりの「上海ディズニーランド」を特集。その中で、「ディズニーキャラにはいない」「三国志風の山車まで用意」などと紹介されたのは、古代中国を舞台としたディズニー映画『ムーラン』のキャラクターだった。

  • 上海ディズニーランドには『ムーラン』のキャラクターが登場する(Imaginechina/アフロ)
    上海ディズニーランドには『ムーラン』のキャラクターが登場する(Imaginechina/アフロ)

「中国風にアレンジしたディズニーキャラでした」

   1998年に公開された『ムーラン』は、中国の伝説「花木蘭」をモチーフにした長編アニメーション作品。「アニメ界のアカデミー賞」と呼ばれる「アニー賞」を98年に受賞しているほか、04年には続編のビデオ作品も制作されている。

   中国本土では初となる「上海ディズニーランド」のパレードには、自国を舞台にした『ムーラン』のキャラクターも登場していた。だが、19日放送の「Mr.サンデー」では、パレードの様子について、

「膨大な集客を見込める中国へのサービスなのか、パレードには本来ディズニーキャラにはいない、三国志風の山車まで用意」

と紹介。ネット上には、視聴者から「ムーランも知らないのか」「特集するならちゃんと調べてからやれ」との指摘や批判が放送中から殺到した。

   こうした指摘を受けてか、番組の終了間際に、女性アナウンサーによる「訂正」が入った。だが、その訂正の内容が、

「先ほど上海ディズニーランドを紹介するVTRで、本来ディズニーキャラにはないと説明しましたが、中国風にアレンジしたディズニーキャラでした」

と、『ムーラン』を知っているファンからすれば、再び「的外れ」なものになってしまった。このため、ネット上には「ムーランは元々中国の話だよ」「訂正すらまともに出来ないとか」といった声があふれた。

中国への「偏見」が生んだ、との指摘も

   2つのミスを重ねた「Mr.サンデー」には、ディズニーファンも怒りを爆発させた。ツイッターやネット掲示板には、

「ろくな下調べもせずに報道してるんだろうな」
「ファンを馬鹿にしてるだけじゃなくて、作品を作ったディズニーや上海ディズニーのパレードを作った人達も馬鹿にしてる」

との厳しい批判が相次いで寄せられており、まさに「炎上状態」の様相を見せている。

   そのほか、「『中国だからきっと何かおかしなことをやるはずだ』という偏見を持っていたための誤認だ」など、中国へのバッシングを前提とした「報道姿勢」が招いたミスだと指摘する声も数多く出ていた。

   J-CASTニュースは6月20日にフジテレビ広報室の担当者に取材したが、「お答えすることはございません」として、回答は得られなかった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中