舛添「批判」の都議らへ大ブーメラン 予算オーバー「高額リオ視察」に非難殺到

印刷

   政治資金の「公私混同疑惑」で東京都の舛添要一知事を厳しく追及し、辞職まで追い込んだ東京都議らが今度は「高額海外出張」で非難にさらされている。

   行き先は、およそ2か月先にオリンピックとパラリンピックが開催されるブラジル・リオデジャネイロ。随行職員と27人の都議をオリンピック開・閉会式、パラリンピック開・閉会式の4回に分けて派遣し、「現地視察」する計画だ。しかし、派遣人数を当初想定より増やしたため、視察費が予算を上回る可能性が高くなった。ネット上では「都民に顔向けできるのか?」「誰も行かなくていい」と厳しい声が上がっている。

  • 批判された側は何思う……(写真は2014年7月撮影)
    批判された側は何思う……(写真は2014年7月撮影)

宿泊先や飛行機の座席は「現在調整中」

   J-CASTニュースの取材に応じた東京都議会局の担当者によると、2016年度予算に組み込まれていたリオ視察費は6200万円。予算を決める段階で想定されていた派遣人数は、都議と随行職員を合わせて計26人だ。しかし、16年4月14日の理事会で、都議の人数を計28人に増やすことが決定。これに反発した共産党都議団と生活者ネットワークが5人分の派遣枠を辞退したものの、5枠はそのまま自民党、民進党に再分配されてしまった。

   その後、人数確定直前にかがやけTokyoが派遣枠1枠を辞退し、最終的な派遣人数は自民党16人、公明党5人、民進党4人、その他の会派2人の計27人になった。なお、かがやけTokyo所属の音喜多駿都議は6月20日のブログで、「最後に発生した辞退枠については、おそらく事務手続き上の都合もあって他の会派に割り振りすることができず、28名の予定が1名欠けて27名になった」と内情を明かしている。

   とはいえ、予算段階から派遣人数は増え、共産党都議団らの配慮も「無意味」になった。議会局の担当者は、宿泊先や飛行機の座席について「現在調整中」で必要な視察費も「まだ確定していない」と話す。ただ、派遣人数が増えただけに、予算オーバーは「間違いない」と明かした。

民進党「詳細は把握していない」

   16年6月17日の日刊スポーツ電子版がこうしたゴタゴタを報じるなどすると、ツイッターで

「誰も行かなくていい」
「これはだめだ」
「都民に顔向けできるのか?」

と非難の声が湧きあがった。また、都議らが舛添知事の「公私混同」疑惑を議会で厳しく追及していたためか、「特大のブーメランが都議の皆さんに刺さる」との指摘も出た。

   共産党都議団の大山とも子幹事長も21日のJ-CASTニュース取材に、「私たちは『(派遣人数は)最小限にするべきだ』と言い続けてきた。(辞退分の割り振りを受け入れた自民、民進党は)都民の批判を免れないと思うし、本当に許されない」と憤る。舛添知事への批判がそっくりそのまま返ってくるのでは、という質問には「それは、もっともです」と答えた。

   なぜ、辞退枠の割り振りを受けたのか。都議会民進党の担当者は、最終的に同党から4人がリオへ派遣されると明かしたものの、「詳細は把握していない。そもそも理事会の中で話し合われたことは明かせない」と取材に語った。都議会自民党へも21日昼前から複数回問い合わせているが、コール音が鳴るのみだった。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中