「ノイズレスサーチ」に注目集まる 「まとめ」「通販」除外して検索

印刷

   検索結果の上位にまとめサイトやQ&Aサイト、通販サイトが表示され、本来見たいサイトにたどり着かない、という経験をした人は多いだろう。そうしたなかで、「ノイズレスサーチ」が、今ネット上で注目されている。

   ノイズレスサーチは数千にのぼるまとめサイトや通販サイトなどのページを除いて検索できる検索窓だ。

  • 「ノイズ」を省いて手間も省く(左がノイズレスサーチの検索結果、右が通常のグーグル検索での検索結果)
    「ノイズ」を省いて手間も省く(左がノイズレスサーチの検索結果、右が通常のグーグル検索での検索結果)

「NAVERまとめ」の記事が一番上にこない

   2016年3月にこの機能を作ったのは、ブロガーの「パソ活」さん。機能を初公開した3月27日のブログで、作るまでの経緯を説明している。きっかけは「NAVERまとめや知恵袋など邪魔なサイトを除外して検索できないかなぁ」と思い立ったこと。作る上では、自分のホームページに検索窓をつけてサイト内検索を可能にする「Googleカスタム検索」のシステムを利用したという。

   ノイズレスサーチの検索結果から除外されるウェブサイトは数千にのぼるという。Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイト、NAVERまとめや2ちゃんねる系まとめサイト、ツイッター、インスタグラムをはじめとしたSNS 、さらにAmazonや楽天、価格.comといった通販サイトなどに及ぶ。通販サイトのページが表示されないため、商品名や型番でレビューを探しやすくなる。また、調べものをする際、まとめサイトが検索結果の上位を占めることがなくなって目的のサイトに行きやすくなり、ネットユーザーの「調べる手間」を省いてくれるという。

ネット検索に大変化?

   ノイズレスサーチは、「パソ活」さんのサイトに行けば、誰でも使える。

   試しに、「バングラデシュ 日本人」で検索してみた。通常のグーグル検索では、一番上にNAVERまとめの記事「許せない...日本人を襲った『バングラテロ』の悲劇」が表示されるものの、ノイズレスサーチを利用した場合、AFP通信やNHK、ハフィントンポスト日本版などニュースサイトの記事が表示された。

   ノイズレスサーチは、2016年7月6日にツイッターで紹介されたことからネットで急速に注目を集めることになり、ツイッター上では、

「これを待ち望んでいた」
「これ便利」

といった声が相次いだ。

   ネット検索の「不自由さ」に悩まされていたネットユーザーが多かったようで、ライターや編集者といった調べもののプロからの評価も高い。

   一方で、「ノイズ」とされたサイトには大きな影響が出る可能性がある。ノイズレスサーチはネット検索に「革命」を起こすのだろうか。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

役立つねっと

   社内研修や業務サポートをもっと手軽で簡単に。オール優を導入すると ビジネスが変わります・・・ 続きを読む

PR 2016/11/30

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中